ユニークで美しい毛皮の馬たち

馬は、とても多くの多種多様な毛皮をしています。最も一般的な色は、チェスナット色で、すべて茶色の馬や、茶色の馬で、黒色のたてがみとしっぽ、それに、灰色の馬で、白と灰色が混ざっているのが普通です。ペイント模様、バックスキン、パロ二モは、少し稀ですが、でもまだ見かけることもあります。ここでご紹介する馬の毛皮でとてもユニークなものもあります。読み進めてみて、いろんな色の馬を見てみましょう。その中の一匹に、文字通り驚かせるものもいます。

このまだらの馬、何かの動物に似てませんか?

Paint horse standing in a field
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

まずは、基本的な馬の毛皮の色から見ていきましょう。こちらが、まだらの色です。このまだらの馬は、一部が白で、その他が濃い色です。もしこれが、黒と白、茶色と白の組み合わせなら、ウシそっくりですね。

ときに、こういう馬は、ペイントとも呼ばれていますが、面白いことに、すべてのペイントが、まだらという事ではありません。馬の中には、まだらの色が混ざった馬もいます。ペイントの多くは、クオーター、もしくはサラブレッドです。

鼠色の黒いぶちは、年齢とともに変わる

Arabian or Arab horse dapple grey
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

これが、鼠色の黒ぶちの灰色アラブ、もしくはアラビアの馬です。この馬の毛皮は、灰色と言われていますが、実際は、灰色と白色です。白色の馬も灰色と呼ばれます。多くの灰色の馬は、産まれたときに、濃い色で、黒色のこともあります。それが、年齢を重ねるとともに、白くなっていきます。

それが、白くなることで、毛皮で黒ぶちになっていきます。この写真の馬は、まだら模様が多いので、おそらく若い馬でしょう。

クレメロの馬は、極端に輝いている

unique-horse-colors-0-12491
Wikimedia Commons
Wikimedia Commons

クレメロの馬は、普通、バラ色のピンクのスキンに薄い青色の目をしています。基本的には、チェスナット色の馬に属しますが、色が極端に薄く、光沢があります。この写真の馬は、アカール・テケで、トルクメニスタン産のブリードです。アカール・テケは、この地球上でも最も古い馬のブリードになります。

クレメロの毛皮は、”クリーム遺伝子”の産物で、馬の毛皮に様々な色を与えます。

灰色黒ぶちペイントの馬は、稀です

C7Ww24AXwAUM65P-92991
@horsefitshop / Twitter
@horsefitshop / Twitter

この馬は、黒ぶちとペイントが混ざったものです。これは、ペイントのまだら模様で、毛皮に黒いパッチが混ざっています。この馬は、まだ若い馬で、この濃いパッチも、年齢を重ねて薄れていき、白か灰色になるでしょう。

この馬は、また羽根のような毛並みで、足の周りにも長いふさふさした毛があるのも特徴です。

サビ―ノ遺伝子は、かなりユニーク

DlHIzWRX0AI9_T7-77112
@really_animals / Twiiter
@really_animals / Twiiter

“サビーノ”は、馬の毛皮に現れる特別なスポットパターンを示します。このスポットは、サビ―ノ1遺伝子と呼ばれる特別な遺伝子によってコントロールされています。馬が実際にサビーノか、単なるくり毛かどうかはDNAテストで調べることができます。

この記事でも、くり毛はあとで紹介します。サビーノの馬は、皮膚の特定のくり毛の部分に現れます。大抵、顔やおなかのあたりです。くり毛の馬は、毛皮の周りに白い毛があります。

パラミノスは、馬の世界のバービー人形

palomino horse in field
@senta_wolfsberg / Twitter
@senta_wolfsberg / Twitter

パラミノスは、とてもグラマラスな馬です。パラミノスは、ゴールドの毛皮で、ブロンドもしくは、白のたてがみとしっぽを持っています。クレメロと同じく、パラミノスもクリーム遺伝子を持っています。パラミノスは、チェスナットや鹿毛のような一般的な毛皮ではなく、稀な部類に属します。

パラミノスの毛皮は、実際の所、チェスナットの毛皮での遺伝子の多様性によるものです。しかし、通常のチェスナット毛皮は、パラミノスのものより、ずっと一般的です。パラミノスの中には、濃い色のものもいれば、ブロンドのものもいます。

赤色のくり毛は、実際には赤でない

american_quarter_horse_type_52590801_263955307864439_7113011561789961599_n-33235
@american_quarter_horse_type / Instagram
@american_quarter_horse_type / Instagram

この美しい馬は、赤いくり毛のクオーターです。この馬の後ろの部分は、とても筋肉質であること(AKAお尻)からも、この馬が、クオーターであるのが分かります。くり毛は、白い毛に基本の毛皮の色が混ざったしっかりとした色です。あかくり毛は、チェスナットを基本とした毛皮ですが、細かい白い毛によって、ピンクのようにも見えます。

中には、濃い茶色のたてがみとしっぽを持つものもいます。

アパローサスは、いろんな形でいろんなサイズがある

Appaloosa horse close up view
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

アパローサスは、スポットの毛皮を持った馬です。くり毛のように、アパローサスは、一般の基本的な毛皮とスポットのコンビネーションからなります。色の濃いアパローサスは、白のスポットがあり、色の薄いアパローサスは、濃いスポットがあります。アパローサスは、また大抵とても明るい目の色をしています。その馬の目の白目部分や、強膜は見えますが、馬にとっては、ユニークです。

また、アパローサスは、縞のある蹄を持ち、足からの延長で、スポット上の色素の結果に起こるものです。

この馬たちが、レパード・アパローサスと呼ばれるわけ

Appaloosa horses stand together
Cuveland/ullstein bild via Getty Images
Cuveland/ullstein bild via Getty Images

すでに述べましたが、アパローサスは、色々な形や大きさの種類が存在します。この馬たちは、レパード・アパローサスと呼ばれます。レパード・アパローサスは、白い馬で、体中に黒の点があります。他のアパローサスと同じように、顕著な強膜があって、これは、目が開いている時に目の白い部分が良く見えます。

このアパローサスは、まだらのたてがみとしっぽがあります。この馬は、まるで大きくなったダルメシアンのようです。

最も小さいアパローサ

mini horse appaloosa
@naturelover_s / Twitter
@naturelover_s / Twitter

これは、ミニチュアホースです。ミニチュアホースは、一番小さなポニーのブリードよりもさらに小さいです。ところで、馬に関して初心者の方、ポニーは、赤ちゃん馬ではありませんよ。ポニーは、14ハンズ以下の馬のことです。”ハンズ”とは、特に馬に使用する測定方法です。1ハンドが、10センチです。

馬の高さを測るときは、床から馬の肩辺り(首と背骨が交わる点)までを測ります。このミニチュアホースは、ブランケット・アパローサで、レパード・アパローサのようなものですが、馬の後ろのあたりが“毛布”のように色のついた毛皮に覆われています。

このパーリノは、ちょっと太陽を満喫しすぎかな

Perlino horse close up
@spanishhorseboutique / Instagram
@spanishhorseboutique / Instagram

この馬は、パーリノに覆われています。それは、馬に違う形で出たクリー遺伝子の形態です。パーリノは、ホモ接合型のクリーム遺伝子です。これは、クリーム遺伝子が変異した鹿毛をベースとしています。

鹿毛の馬は、茶色の体に黒いたてがみとしっぽがありますが、パーリノは、クリーム色の体で、赤っぽいたてがみとしっぽがあります。すべてのクリーム遺伝子を述べるのは大変ですが、そのためにDNAテストが時には、必要になります。

麻色のたてがみは、いつも目立ちます

Flaxen mane chestnut in the woods
@lindakjelland / Instagram
@lindakjelland / Instagram

麻色のたてがみをもった馬は、自分の体の色より、たてがみとしっぽの方が、色が明るいです。この馬は、チェスナットの毛皮で、麻色のたてがみとしっぽがあり、顔に縞模様があります。

“縞模様”は、白い顔に鼻の下に伸びています。この馬は、星と縞が繋がっています。“星”は、馬のおでこにドットして白い顔にでています。

まだら色の方が良い

Brindle horse as seen from the side
@alabama_equine / Instagram
@alabama_equine / Instagram

この馬は、まだら色の毛皮に覆われています。まだら色の馬は、かなり稀です。スポットのアパローサよりもずっと稀です。まだらのパターン(動物の毛皮では、縞模様で出ています)は、よく犬、ウシ、そしてモルモットによく出ます。

馬は、まだら模様が出る遺伝子を稀に受け継ぐことがあります。このパターンは、時に、こういう理由でトラの縞模様とも呼ばれます。この馬、大きなトラは見たいですよね。

シャンペーンホースは、名前の通り高いです

champagne horse taking a drink of water
@rosegolden_lusitano / Instagram
@rosegolden_lusitano / Instagram

これが、ゴールドシャンペーンホースです。シャンペーン遺伝子は、毛皮よりも馬の皮膚につよく影響します。シャンペーン遺伝子は、チェスナットホースのような、肌の色が明るいためブロンドです。

馬の多くは、濃いまたは、黒色の肌をしていますが、色素が無いため、白いマーキングになっています。よく見るとわかりますが、馬の耳は、ほぼピンク色です。

この馬、まるで、ペンキをかけられたみたいですね

horse.colors101_47111796_272644666766424_2640337356197606615_n-90590
@horse.colors / Instagram
@horse.colors / Instagram

この馬は、ペイントです。先ほども見たように、この馬は、背中に特別なパターンがあります。いくつかの茶色のパッチが右側にある代わりに、背中に、一つのおおきな茶色いパッチがあります。彼の半分下は、真っ白です。

少なくとも、こちら側は全くの白です。鼻のあたりに小さな茶色いパッチがありますけどね。この馬は、まるで、2匹の馬を一つにしたようです

このラビカーノは、自分が特別だと知っています

DM4DFRuUIAAQdUP-41229
@StacyMichelleB / Twitter
@StacyMichelleB / Twitter

しっぽを振って、体の側面に振って歩いているこの馬が、ラビカーノです。たまに、このパターンは、”白いティクリング”と呼ばれています。ラビカーノは、白い毛が体のある特定の部分にしか生えていないので、本物のくり毛ではありません。ラビカーノの多くは、ツートンカラーのしっぽがあります。

この白い毛が、しっぽまで伸びていて、上が白で、下が黒になっています。“ラビカーノ”と言う言葉は、スペイン語を起源としていて、“ラボ”は、しっぽを意味し、“カーノ”は、スペイン語で白を意味しています。

この銀色のバックスキンは、まるで幽霊みたい

silver buckskin horse with a rein
@thehorsetranslator / Instagram
@thehorsetranslator / Instagram

バックスキンホースは、日焼けした体に黒いたてがみとしっぽがあります。シルバーバックスキンは、シルバーダップル遺伝子の稀な突然変異です。この馬は、灰色の体に黒いたてがみとしっぽがあります。この馬は、濃い色の足で、これは、一般的なバックスキンの特徴です。

通常のバックスキンの馬は、日焼けした肌で、濃い黒のソックスやストッキングがあり、馬の足にその印があるので、その名前がついています。

この青いくり毛は、ランチを楽しんでいます

horseloverus24_56781249_292505751675817_1450339561180353252_n-29731
@horseloverus24 / Instagram
@horseloverus24 / Instagram

青いくり毛は、チェスナットベースの毛皮の代わりに、赤いくり毛に似ていて、黒いベースの毛皮があります。そのベースの毛皮は、たくさんの小さい白い毛が生えています。普通、この白い毛は、たてがみやしっぽまでは伸びていません。

この青いくり毛は、黒いたてがみとしっぽがありますが、たまに青いくり毛は、赤っぽいたてがみとしっぽがあります。毛皮でのこの白い毛により、たまに、特定の照明に照らされると、青色に見えます。

天才の一筋

foal roan paint stands near fence
@sso.coats / Instagram
@sso.coats / Instagram

この小さな仔馬は、青いくり毛、赤いくり毛、灰色、そしてペイントを混ぜ合わせたように見えます。まるで、4つの馬を一つにした感じです。肩にかけての、その白いストライプは、まるで誰かが、白いペンキを垂らしたブラシでぬった感じで、地面から馬の足に沿って肩まで一筋に塗ったように見えます。

こういった馬は、とても珍しく、この仔馬は、特別です。

馬は、自分は馬だと言っています

unique-horse-colors-23-18743
@unique-horse-colors / Instagram
@unique-horse-colors / Instagram

よく見てください。ここの馬の側面にあるの白いパッチを繋げてみると、まるで、”HORSE”という単語のように見えます。小文字の”h“が後ろ脚の所にあり、大文字の”E”が首のところにあります。

時に、ペイントのパッチには面白い形などをみることもありますが、このように、くっきりと“Horse”と単語として見えるのは稀です。

伝統的なシャンペーン

unique-horse-colors-12-94701
Pinterest
Pinterest

前回、シャンペーンのブリードについて話しましたが、今回は、違うものをご紹介します。これは、伝統的なシャンペーンホースのブリードです。遺伝により、濃い色素が変化して、皮膚が薄くなています。ここで見ている写真の馬が、その典型的な例です。

通常黒い毛皮が、明るい茶色の毛皮になっています。もしこのような馬を買うのであれば、何に気を付けなければいけないか、わかりますよね。

茶褐色のチェスナット

ce75fe5e8921c685c81aabbb95e70658-29680
Pinterest
Pinterest

馬にとって、茶褐色のチェスナットは、魅力的でないわけがありません。この毛皮の美しさは素晴らしいとしか言いようがありません。この濃い茶色の馬には、明るいたてがみとしっぽもあります。このゴージャスな馬は、ブロンドのしっぽがあり、たてがみより少し明るい色です。

こんな馬が、自分の馬小屋にいたら、いつも乗馬するときに、この馬で人の目を惹きつけ、何かの用事で外に出たときも自慢になります。

くり毛オベロペイント

Bay Overo Paint horse
Pinterest
Pinterest

面白い毛皮のパターンを持った馬は、僕たちを飽きさせません。今、ここにいるのが、くり毛のオベロです。おなかのあたりに白いものがあり、めったに背中まで伸びることはありません。それでも全然問題ありません。だって、どのアングルからこれを見ても、明らかにユニークだからです。

こういった馬を見た他の馬たちは、嫉妬とかするのでしょうか?だって、普通一色しかないのに、この馬は、2-3色ありますからね。

ストロベリーくり毛ペイント

Strawberry Roan Paint horse
Pinterest
Pinterest

一体何種類のくり毛がいるのでしょうか?その答えは、意味がありません。だって、彼らすべてが美しいからです。でも特に、ストロベリーくり毛のペイントのブリードは群を抜いています。まるで、ケーキ屋で買えるストロベリーショートケーキアイスクリームの馬版と言った感じでしょうか。

このくり毛に白色がちりばめられている点などは、まさに優雅です。こんな素晴らしい馬に乗って、解放された場所を走ったら、他の馬たちも一緒に軽快に走り出しますね。

すすけた色のシルバーダップルのバックスキン

Silver Dapple Sooty Buckskin horse
Pinterest
Pinterest

今までに、すすけた色のシルバーダップルのバックスキンを見たことがありますか?この馬は、今まで見た中でも、とても綺麗な毛皮を持っています。これは、3つの異なる遺伝子要素の組み合わさりによるものです。違う遺伝子の組み合わせで、とても美しい色を作り出します。この馬は、濃い色の毛皮に明るいスポットが散りばめられています。

しっぽも色が濃く、たてがみと同じ色をしています。これを見れば、あなたも、それが、すすけた色のシルバーダップルのバックスキンであることが、わかります。

グルロ・ダン

Grullo Dun horse
Pinterest
Pinterest

あなたが馬好きであれば、この馬、グルロ・ダンを見れば、すぐに恋に落ちてしまいます。この馬は、シルバーの光沢をもつタングレーの毛皮を持つことで知られています。時に、この馬は、暗い色のたてがみとしっぽをもつこともあり、ストライプの足と背中を持つこともあります。

こういった色のパターンを持った馬はあまりいないので、とても興味がそそられます。これから、このタングレーの馬が走っているのを見たら、それが何かもうわかりますよね。

アラビアンホース

arabian horse breed
Adam Guz/Getty Images Poland/Getty Images
Adam Guz/Getty Images Poland/Getty Images

世界で最も高い馬は、アラビアンホースでしょうね。それだけではなく、この馬は、最も古いブリードでもあるのです。このブリードの栄光は、80年代にさかのぼります。80年代には、アラビアンホースは、ある種のステータスの象徴となっていました。

この馬は、アメリカのファインアートで気に入られていました。そのためこのブリードがなぜ、そんなに高価なのかもうわかりますよね。

サラブレッド

horses thoroughbred
CHARLY TRIBALLEAU/AFP/Getty Images
CHARLY TRIBALLEAU/AFP/Getty Images

サラブレッドに関しては、イギリスが本場です。このブリードは、競馬のために繁殖されたものです。すばらしいアイデアでした。この馬は、短い脚が特徴で、これにより長くて簡単な歩幅をとることができます。走る人に聞いてみてください。短い足以外にも、この馬は、他の馬と比べても肩幅が広く、体はスレンダーで、背中が短いのが特徴です。

このサラブレッドは、とても繊細ですが、素晴らしいスピードとスタミナを持っています。もしかけるなら、当然、サラブレッドにかけるでしょうね。

クオーターホース

Quarter Horse run
Arterra/UIG via Getty Images
Arterra/UIG via Getty Images

もし、アメリカで一番人気のあるブリードは何と聞かれて、どう答えますか?答えは、ポニーではありませんよ。クオーターホースです。この馬は、クオーターマイルのレースでは、無敵であることからこの名前が来ています。

時には、この馬は、ロデオでも力を発揮します。カーフローピング、バレルレーシング、またはチームローピングでも活躍します。楽しいショーが見られます(そうでなくても私たちの責任ではりませんので)。

ペイントホース

Paint horse  paint
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

次に人気のある馬は、このアメリカンペイントホースです。先にもこの馬について少し触れましたが、もっと掘り下げてみましょう。この馬のユニークな色のパターンのおかげで、とても特殊な馬とみなされています。黒や白のような伝統的な馬の色と白色のシミのようなパターンとの組み合わせで、できています。

この馬は、クオーターホースとサラブレッドを掛け合わせたもので、かなり多くの良い遺伝子を持っています。レースで早いかどうかはわかりませんが、この色が最も誇れる特徴です。

マスタング

mustang horse
John Greim/LightRocket via Getty Images
John Greim/LightRocket via Getty Images

多くの人は、車のマスタングは知っているでしょう。しかし、動物のマスタングのことは、知っていましたか?マスタングは、イベリア半島かスペインのブリードで、その後、アメリカへ来ました。この馬は、多くの理由で、とても重要です。

マスタングは、その安定性と知能が高いことから、北アメリカで、いろんな状況で使用されてきました。また、その寿命の長さも長所です。より長く馬を有すれば、それだけ価値があるのです。

フリージアン

friesian  horse
Herman Verwey/Foto24/Gallo Images/Getty Images
Herman Verwey/Foto24/Gallo Images/Getty Images

いいえ、いくらこの馬の名前の始めが”フライ”とあるからと言って、フライドポテトが好きなのではありません。フリージアンは、フリーズランド原産のブリードであることからもわかりますよね。この馬は、知能が高いことと、鋭敏なところが有名です。

戦争時には、活躍する馬です。スピードと強靭な体を持ち合わせています。そういったことからも、フリージアンは、とても価値のあるブリードとされています。

アパローサ

appaloosa horse
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

アパローサは、とても美しい馬です。このスポットだらけのブリードは、足が強いこともあり、とてもパワフルな走り手です。とても素晴らしい走り手であるため、その価値も自動的に高くなっています。しかも、とても頭がいいため、すぐに学習します。

また、アパローサは、少しのエサで生活するため、飼育するのにもお金がかかりません。そのため、とても価値のある馬であることと、すべてにおいて愛すべき馬です。

シェトランドポニー

shetland pony horse
Tim Graham/Getty Images
Tim Graham/Getty Images

誰が、ポニーが嫌いなの?ポニーは、自然からの贈り物なのです。シェトランドポニーは、かわいいですが、気性が荒いです。もし、愛情をちゃんと示さないと、だんだん態度が変わってきます。

しかも、彼らの態度は、日によって変わります。それ以外では、このポニーは、とてもトレーニングしやすく、若い人や初心者には良い経験ができるでしょう。

ジプシーバナー

Gypsy Vanner horse
Lyn Alweis/The Denver Post via Getty Images
Lyn Alweis/The Denver Post via Getty Images

これまで馬のすごいジャンプを見たことがありますか?もし、そうでなければ、ジプシーバナーのジャンプを見るべきです。ジプシーバナーは、そのジャンプ力に定評があります。この馬は、120センチのフェンスを楽々とジャンプして超えることができます。そのため、この馬は、自然とジャンプの大会に出場しています。

もっともこの馬の愛おしいところは、とてもかわいく、フレンドリーで、家族にとっても良くします。そのことからも、安全な馬で、価値のある馬です。

クライスデール

Clydesdale horse
Ian Forsyth/Getty Images
Ian Forsyth/Getty Images

クライスデールは、ただ単に馬を飼いたいと思っている方にはもってこいのブリードです。もし、あなたが、大会に出場することや、何か特別な仕事を期待しているのでなければ、この馬が良いでしょう。

この馬は、優雅で、見た目もよく、とても懐きます。それにもまして、とてもトレーニングしやすいのです。この馬は、ペットとして申し分なく、馬を飼いたい人にとっては、良い馬であることは確かです。

モーガン

morgan horse
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

何か馬にしてほしい仕事がありますか?それなら、このモーガンブリードが良いでしょう。何かの用事を手伝ってほしいのであれば、この馬が良いチョイスとなります。この馬は、重いものを運ぶことができ、乗馬もでき、ジャンプすることもできます。

また、とても優れた方向感覚も備わっています。これらのことから、このブリードを飼うことはとても価値のあることです。

スタンダードブレッド

Standard bred  horse
John Ewing/Portland Press Herald via Getty Images
John Ewing/Portland Press Herald via Getty Images

たくさんの馬のブリードが存在し、そのすべてが、色々な特徴があり、それぞれユニークな存在になっています。それでは、このスタンダードブレッドはどうでしょうか?この馬は、とても質の良い馬で、とても従順です。このブリードは、初心者オーナーにも相性が良く、良い馬を育てたいと思っている人には良いでしょう。

(まるで彼らが完全はないような言い方ですが)。もし、まだ迷っているのであれば、この馬がどれだけ素晴らしいか、その目で確認してください。

ダッチウオームブラッド

warmblood dutch
DeAgostini/Getty Images
DeAgostini/Getty Images

ダッチウオームブラッド、これほど良い名前はありませんよね。あり得ません。この馬は、その素晴らしい名前以外にも素晴らしい特徴があります。この馬は、ジャンプのために交配させられたこともあり、ジャンプ能力は高いです。そのすごい体のおかげで、すごいジャンプができます。

この前学んだように、この馬は、ポニーと違って、とても良い気質をしています。素晴らしいジャンパーで、生意気な態度をとらないこの馬で、もう決まりでしょう。

アンダルシアン

Andalusian  horse
Ted Streshinsky/CORBIS/Corbis via Getty Images
Ted Streshinsky/CORBIS/Corbis via Getty Images

アンダルシアンに挨拶しましょう。この馬は、世界でも最も古いブリードの一つであり、とてもトレーニングしやすいです。おそらく、それは、彼らの知能が高いこともあるし、また、長いこと人間と一緒にいるので、DNAに書き込まれているのでしょう。このハンサムな馬は、スタミナも高く、優雅で、威厳があり、働き者です。

この馬を愛さないわけがありませんよね。一つ問題があるとすれば、価格の問題です。でも、もしお金に糸目をつけないのであれば、この馬で決まりですね。