冷酷な泥棒が無邪気な子犬を盗んで、大きな秘密を知った

初めての子犬を家に連れて帰るときの記憶を忘れる人はいないでしょう。そのことはあなたの人生をとても豊かにしてくれて、暖かい気持ちにしてくれます。これがあなたの子犬で、これからの未来で、おなたにとって大きな人生の部分を占めることになるでしょう。オールトラリアに住む家族も、子犬のサーシャを家に連れて来た時に、同じ感情を抱きました。しかし、それは長くは続かず、ある日、家に帰って来た時に、家が泥棒に荒らされていて、子犬がいなくなっていたのでした。

一目ぼれ

Love At First Sight
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

オーストラリアに住むカップルのライアン・フッドとエレナ・サーディは、黄色のラボラドールレトリバーのサーシャを家に連れてきたときに、この子犬が、家族にとって完璧な存在であると感じていました。4歳になる娘のマイアも同じことを感じていました。

マイアは、子犬が家の玄関にやって来た時に、嬉しくてとても興奮しました。まさに、家族の生活が変わろうとしていました。家族は、これからの家族の新しいチャプターの始まりだと感じていました。

すぐに仲良し

An Instant Bond
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

サーシャが、家のドアを通り抜けるとすぐに、マイアと子犬は、すぐに仲良しになりました。マイアは、いつも一人っ子で、弟か妹が欲しかったのですが、両親は、まだ次の子供を作る予定はなかったのでした。

その代わりに、子犬を飼うことが娘には良いことだと考えたのでした。まさに正解でした。家族は、すぐにこの新しい家族の一員を大歓迎しました。

家族になるべくしてなった

Meant To Be A Family
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

エレナは、”私たちが、サーシャを選んで、サーシャが私達を選んだの。”と言っています。サーシャが家にやってきた時から、子犬と娘のマイアは、離れることは無く、いつも一緒に歩いてさえいました。二人は、短期間の間に、信じられない程強い絆で結ばれました。

しかもマイアは、これまで一度もそんな友達はできたことがありません。そのため、サーシャがうちにやって来た数日後に、この家族にとんでもなく考えられないことが起きたことを、よりひどいものにしました。

すべてを変えた日

The Day Everything Changed
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

ある日、家族は、定期検診のために、子犬を家において、ファミリードクターの所へ出かけました。家族は、サーシャが、家の家具をかじらないか心配する程度で、子犬を家に置いてきたことに、なんの不安も感じていませんでした。

不幸なことに、とてもひどいことが起きました。家族が、うちを留守にした少しの間に、泥棒に入られたのでした。

家に帰って驚愕

Shocked When They Got Home
Silas Stein/picture alliance via Getty Images
Silas Stein/picture alliance via Getty Images

家族がうちに帰って来て、そんな短い間に泥棒に入られたことに驚きました。泥棒に入られたのは、あきらかでしたが、何を盗まれたのか、まだわかりませんでした。

泥棒は、アイパッド、ノートパソコン、宝石などの価値のあるものをたくさん盗んでいきました。

驚愕の事実

A Terrible Discovery
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

家族は、誰かが家に入って、貴重品を盗まれたことに、とても恐怖を感じました。でも、それが一番悪いことではなかったのです。無邪気な子犬のサーシャを見つけることができなかったのです。多くの場合、泥棒が奪った物すべてが、取り換え可能なもので、意味のないものでした。

しかし、彼らの子犬は違います。家族は、焦燥しきっていました。その中でも、マイアのショックは一番ひどかったのでした。

悲しみのドン底にいた家族

27-sasha-the-puppy-1-31298
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

彼らの大事なサーシャが誘拐された後、エレナは、インタビューでこう答えています”とても悲しいです。まだ、震えています。とても悲しいです。盗まれたものは、どうでもいいです。でも、子犬だけは、できるだけすぐに帰ってきてほしいです。”と答えていました。

不幸にも、多くの人が、人生の中で、泥棒に入られることは、あってもおかしくないと考え、特に、子犬のように、犬が盗まれてことを返還要求しないことが多かったのです。

どれだけ家族がその犬と一緒にいたかは関係ない

It Didn't Matter How Long They Had Her
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

家族は、サーシャが行方不明になるまで一緒にいたのは、たったの一週間だけでしたが、失うことのつらさは、長さに関係ありません。その子犬は、家族の一員となり、とても大事な存在なのです。それだけではありません。その子犬は、マイアの親友なのです。

マイアは、子犬を失っただけでなく、親友も同時に失ったのです。それは、こんな小さな子供が体験すべきことではありません。

マイアは、気がおかしくなりそうでした

Maia Was Distraught
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

家族がサーシャを家に連れてきてから、マイアは、すぐにサーシャと一緒に自分のベッドで寝ました。二人は、たった一週間一緒にいただけで、とても強い絆で結ばれていたのです。それが、突然いなくなったのです。マイアは、どうしていいのかわかりませんでした。父親であるライアンは、こう言っていました。

“とてもつらいよ、娘は、サーシャがいなくなった夜、悪夢を見たんだ。”彼女は、ただその子犬が返って来てほしいだけなんです。

説明の仕方がわからない

It Was A Hard Thing To Explain
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

ライアンは、また、たった4歳の娘に説明するのが、どれだけ大変か話していました。彼は、こう言っていました。”4歳の子供にこういったことが起こることを説明するのは、とても大変だよ。だれも子犬が盗まれるなんて思っていないからね”。

親がしなくていいような、または、小さい子供が体験する必要のないような、誰かがあなたの犬を盗むということを説明するのは、大変です。あきらかに、家族皆、この状況にとても悲しんでいます。

まだ希望は捨てていない

They Still Have Hope
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

すべて悪い方にばかり向かっているようでしたが、まだ希望の光はありました。その泥棒が知らないことに、サーシャには秘密がありました。サーシャには、マイクロチップが埋め込まれていたのです。家族は、サーシャが迷子になったり、シェルターに連れて行かれたら、確認できるようにしていたのです。

もし、この泥棒が、この家族から、娘から盗んだこのとても大事な子犬のマイクロチップに気付いていなければまだ、チャンスはあります。

マイクロチップって何?

What Is A Microchip
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

もし機会があれば、自分の犬にマイクロチップをつけることをお薦めします。そのプロセスも高価ではなく、また、マイクロチップの大きさは、米粒程度なのです。チップは、痛みもなく犬の首に埋め込むことができます。

しかも、そのプロセスはとても早くて、犬も気づかないくらいです。マイクロチップは、GPSのようにいなくなった犬の場所を特定することはできませんが、犬の本当の飼い主の特定は可能なのです。

これは、サーシャにとってはどういう意味か

What This Meant For Sasha
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

マイアの両親は、サーシャを受け入れたときに、マイクロチップを埋め込みました。これで、獣医やシェルターの人達は、サーシャの認証番号からサーシャの本当の飼い主がわかるのです。彼女のナンバーには、サーシャがどの家族に飼われていて、どこが家なのがわかり、また、家族の住所および電話番号も登録されているので、サーシャがどこにいるかすぐに家族に連絡がくるのです。

サーシャのマイクロチップが、家族を救うことになることを泥棒は知らなかったのです。

まだサーシャは見つかる可能性がある

They Were Hoping Someone Would Find Her
Frank Lennon/Toronto Star via Getty Images
Frank Lennon/Toronto Star via Getty Images

マイクロチップは、とても小さいにもかかわらず、チップのテクノロジーのおかげで、そこには、犬の名前、飼い主の名前、電話番号そして住所などの詳細な情報が検索できます。このチップは、特別な機器でスキャンでき、すべての犬の情報が出てきて、その犬の本当の飼い主のもとに帰ることができるのです。

家族は、サーシャにマイクロチップが入っているのを知っているので、ただ、サーシャが獣医かアニマルシェルターの人に見つけられることを祈るだけでした。

マイクロチップは効果的

Microchips Are Effective
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

多くの場合、ほとんどすべての獣医の病院や動物ケア施設では、ペットに組み込まれたチップを読むテクノロジーを持っています。そのため、もしサーシャが、動物ケア施設のようなところへ行くことになれば、彼らがチップを読んで、サーシャの記録を把握し、サーシャを家族のもてへ戻してくれることでしょう。

これを知っていることで、家族は、サーシャが返ってくる可能性があることを期待することができるのです。

自分たちでできることをする

Taking Matters Into Their Own Hands
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

家族は、いまだサーシャのことで落ち込んでいました。家族は、自分たちにも何かできるのではと行動することを決意しました。この家は、子犬がいなくなって、静かすぎます。彼らは耐えられなかったのです。

家族は、広告を出して、もしサーシャが無事に帰ってこなかったら、マイクロチップがスキャンされて、犯罪者は場所を特定される危険性があることを訴えました。多くの人は、マイクロチップは、GPSとして機能しないことを知っていますが、家族は、そうであるかのように振舞ってみました。

ソーシャルメディアも利用する

Social Media
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

家族は、またソーシャルメディアも有効に利用しました。人々からの情報を期待して、盗まれた子犬の話を広めたのでした。これが功を奏し、地元のニュースステーションが、この話を取り上げ、コミュニティーでも大きく広まりました。

これにより、地元の多くの人が注意することになり、その泥棒もかなり危機感を感じたことでしょう。

コミュニティーからの多くの援助

More Support
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

人々は、誰かが子犬を盗まれて、とても悲しみ、子犬を取り戻したいと思っている状況にすごく驚きました。しかもビクトリア警察まで介入し、家族の話をソーシャルメディアにも広めてくれたのでした。

サーシャの行方不明のニュースは、色々なところで取り上げられ、皆、サーシャが戻ってくることを願いました。しかし、子犬が戻ってくる保証は何もなく、家族は、ただ不安に待つだけでした。

信じられなかった

They Couldn't Believe It
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

家族は、望みを捨てていませんでしたが、サーシャがいない毎日はどんどんつらくなっていきました。そんな時、信じられないことが起こりました。この出来事に関して、ライアンによると、”全然期待はしていなかったのですが、今朝、妻が朝起きて、コーヒーを沸かしている時に、ふと、ドアの前を通たっときに、犬小屋のあたりで何か動くものを見てのです。

それが、サーシャで、夜のうちにこっそりともどされていたのです!”

家族がまた揃う

A Family Once Again
Creepy World / YouTube
Creepy World / YouTube

ライアンは、こう続けました”サーシャを誘拐した犯人は、罪の意識に駆られたのか、怖くなったのか、フェンス越しに、サーシャを置いていったのです。正直言って、そんなことはどうでも良いんです。サーシャが戻って来てくれたので。

“子犬を戻したことで、その泥棒の犯罪が許されることではありませんが、最後に、少なくとも、その泥棒も正しいことをしました。家族はこのことをとても喜びましたが、一番喜んだのは、親友をとり戻したマイアでした。

うちの家の犬が、赤ちゃんの命を救った。でも何から?

GettyImages-635089042
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images

子供と犬との関係ほど貴重な物はありません。この犬は、自分の友達の幼児が危険にさらされたときに、すぐに行動します。ものすごく怖く見えますが、彼の救出劇は、ものすごい攻撃です。赤ちゃんの母親は、恐怖に震え、キッチンから見ていて何もできないでいました。もちろん、彼女の犬が彼女の赤ちゃんを殺そうとしているのかと思ったのです。

後でその真実を知って、とても安堵したに違いありません。真実を知ったとき、心の底からホットします。

スビリクス家が、カーンの人生を救い、ストーリーが始まる

charlotte-and-khan-41622-65480
vedomosti.spb.ru
vedomosti.spb.ru

キャサリン・スビリクスは、第一子である娘のシャーレットを産んで、キャサリンは、まだ自分が、ほかに子供が欲しいのかわかりませんでした。ただ、シャーレットが、一人で寂しくないように、虐待から助けられたドーベルマンのカーンを家に引き取りました。ドーベルマンは、気性が荒いと聞かされていましたが、キャサリンは、カーンを良く思っていました。

この大型犬は、数日で安楽死させられるところを彼女が助けたのでした。当時、キャサリンは、カーンが、自分の命を救ってくれたことに対して、お礼することを全く予期もしていませんでした。

犬を家で飼うかの決断

dog-kennel-78144-45927
Pinterest
Pinterest

キャサリンにとって、犬を飼うことを決めることは簡単なことでした。彼女は、犬と一緒に育ったので、その友達がいる経験をシャーレットにもしてほしかったのです。それに、もう一人子供を作る気もなかったのです。大変だったのは、どんな犬を飼うかという事でした。キャサリンは、シャーレットの友達として子供と馬のあうことが大切だったのです。

カーンのようなドーベルマンは、家族の犬としては、あまり評判はよくありませんでした。それでは、どうしてキャサリンは、そのことを無視して、カーンを飼うことにしたのでしょうか?

ドーベルマンは、飼ってみないとわからない

doberman-agression-30201-75966
YouTube
YouTube

キャサリンは、カーンをアニマルシェルターで初めて見て、一目ぼれしてしまいました。彼女は、ドーベルマンの悪評は知っていましたが、それでも何か違うものをキャサリンは感じ取ったのでした。キャサリンがシェルターの人と話をしたときに、カーンは、虐待された経歴があり、次の週に安楽死される予定であると聞いていました。

皆の反対を押し切って、キャサリンは、カーンの命を救う決断をしました。なぜか、どうしてか、カーンは、自分が助けられたことを知っていたようでした。カーンがうちに来た時に、すべてが良い感じに向かっているようでした。

カーンとシャーレットは、親友に

best-friends-41534-76107
YouTube
YouTube

キャサリンは、カーンをシャーレットに徐々に慣れさせていきました。大型犬は、よちょよち歩きの幼児には、ゆっくりと慣らしていかないといけないことを知っていました。でも、一度絆がうまれると、二人は、離すことができなくなりました。カーンは、家の中でシャーレットの後を暖かい目で見守っていました。カーンは、裏庭でシャーレットとふざけていました。

そして一緒に寝たりもしました。カーンは、シャーレットのボディーガードで、次に起こったことは信じられませんでした。キャサリンは、何を考えていいのかわかりませんでした。キャサリンが、覚えていたことは、シェルターの人が、言ったカーンの過去についてでした。

カーンの育った環境で見当違いをする

sad-dog-27980-54202

カーンがアニマルシェルターにやって来た時には、カーンは信じられない程栄養失調でした。シェルターがカーンを虐待とネグレクトから救ったのです。血統書付きのドーベルマンで、ブリーダーによって育てられ、最悪な家に飼われていきました。

栄養失調だけでなく、カーンは、傷だらけでした。カーンは、肋骨が折れていて、明らかな虐待の後がありました。シェルターの人達の中には、もう安楽死させてやったほうが良いと感じる人もいました。シェルターの人は、キャサリンに、カーンがいつ襲い掛かって、赤ちゃんに危害を加えるかもしれないと警告していました。

カーンは、想像通りの犬なの...

GettyImages-635088994
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images
Steve Russell/Toronto Star via Getty Images

キャサリンが、キッチンの窓から見ていた時に、おぞましいほどの光景を目にしました。キャサリンは、動けませんでした。カーンとシャーレットが裏庭にいて、カーンが、赤ちゃんをツンツン仕出したのでした。カーンが、シャーレットを押し倒すまで、シャーレットは無視していました。続いて、シャーレットのオムツを口でつまんで持ち上げ、振り回したのでした。

恐怖でいっぱいのキャサリンは、外にできる限り早く走っていきましたが、遅かったのです。カーンは、シャーレットを庭の反対側に投げ飛ばし、遠吠えしだしたのでした。すごいことに、カーンがまるで懐疑心にある人達を肯定しているようでしたが、カーンがそれ以上のことをしているようでした。

カーンは、そんな犬ではなかったのです

a-watchful-eye-38412-56709

蓋を開けてみると、シャーレットは無事で、カーンが遠吠えをしたのは、実は、痛みのためだったのです。シャーレットを安全に投げた後、カーンは、キャサリンの所へ足を引きずって歩き、倒れたのでした。ショックで、混乱していたキャサリンでしたが、何とか意識を集中して、すぐに行動しました。

すぐに、赤ちゃんの命は無事であることがわかりました。カーンは、ヒーローだったのです。アドレナリンに押されて、キャサリンは、カーンを持ち上げ、獣医の所へ連れて行ったのでした。そこでも、カーンの命は、時間の問題でした。

誰がカーンを攻撃したのか

GettyImages-619442866
Tony Margiocchi/Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images
Tony Margiocchi/Barcroft Images / Barcroft Media via Getty Images

獣医のもとで、カーンは、すぐに治療を受けました。獣医は、噛み痕をカーンの右足の上あたりに見つけました。カーンは、毒蛇に噛まれていたのでした。それ以上に、カーンは、シャーレットが、毒蛇に噛まれないように救ったのでした。カーンの体は麻痺し、死にかけました。

獣医は、カーンに抗血清を与えました。ここまで来ると、だれにも何もすることはできません。ただ待つだけなのです。それは、いつキャサリンが、カーンを獣医の所に連れてきたかにかかっています。カーンの命を救うのには遅すぎたのかもしれません。

マルガスネークでした

mulga-snake-87288-12390
Naturally South Australia
Naturally South Australia

カーンとシャーレットが裏庭で遊んでいた時に、毒蛇であるマルガスネークが、藪に潜んでいたのでした。マルガスネークは、別名、キングブラウンスネークとも知られていて、世界でも最も危険な毒蛇だったのです。スビリクス家は、オーストラリアに住んでいて、様々な危険な動物の住んでいる場所と知られる場所でした。

それでも、そこに住んでいようが、普通、そんな恐ろしい動物が自分の裏庭いるとは思ってもみませんでした。ここで、犯人はわかりましたが、その噛まれることになった経緯についてみてみましょう

獰猛な攻撃は、実はヒーロー劇であった

proud-dog-42402-31178
Naturally South Australia
Naturally South Australia

カーンは、シャーレットと裏庭で遊んでいる時に、蛇を見つけました。危険を察知し、カーンは、シャーレットに動くように促しました。彼の最初の行動は、ツンツンすることでした。でも、シャーレットは、何も気づかず、カーンは、シャーレットが倒れるまでツンツンしたのでした。その時に、カーンは、すぐに行動しました、おむつを掴んで、シャーレットを投げ飛ばしました。キャサリンから見れば、これは、とても恐ろしい光景でありました。

カーンから見れば、これが唯一カーンができる、家族と自分を守る術でした。シャーレットを守るため、カーンは、毒蛇の攻撃を受けました。自分の命をとしてシャーレットを守ったのです。

カーンの生き残る確率は高くなかった

doggy-in-danger-92443-96064
YouTube
YouTube

キャサリンは、車を飛ばし、カーンを救うために獣医の所へ急いでいきました。不幸なことに、いくつかの障害が邪魔をしました。キャサリンは、カーンを十分早く連れて行くことができたのでしょうか?どれぐらいの毒をカーンは受けたのか?どんな毒なのか?毒の周りは早かったのか?この事故が起こるまで、カーンは経った4日だけ家族と一緒にいたのです。

しかし、家族にとっては、カーンはすでに家族の一員で、何年も一緒にいたように感じていました。幸運なことに、カーンは、ファイターでした。カーンは、ひどい場所で過ごしていました。でも、もう一度チャンスをもらい、それを諦めるつもりはなかったのです。

この話には、3通りの結末があります

doggy-medicine-14902-64794
YouTube
YouTube

これまで、ふたつの結末について話してきました。カーンが生き抜いて、幸せになる結末。そしてそうではない結末。そして、三つ目の結末もあります、キャサリンが、獣医のもとを去る前に、彼女はこれからの可能性について聞かされました。それは、カーンは、生き抜きますが、これから一生、麻痺になった状態になることです。

どれだけの毒がカーンの体に入ったかにもよりますが、致死量には達していないかもしれません。50キロ以上も超える体重があるため、カーンは、生き残るチャンスは、大いにあります。

カーンの獣医での長い夜

doggy-in-danger-again-42643-96780

スビリクス家は、動物病院の就業時間が終わるまでカーンのことを待っていました。今は何もすることはできないと言われていました。カーンは、獣医のもとで長い夜を過ごしました。カーンは、できる限りの抗血清と薬を処方されました。これからは、彼の体がどれだけ抗体を作って毒と戦うかによります。シャーレットとキャサリンは、うちに帰り、朝まで心配して待ちました。

キャサリンは、その夜は全く眠れませんでした。カーンを失うことは考えられませんでした。次に、カーンが生き残ったかどうか、見極めてください!

キャサリンとシャーレットにとっては、朝はもっと長かった

doggy-saved-52174-42572
YouTube
YouTube

全く眠れなかったものの、次の朝、キャサリンは、シャーレットを連れて獣医の所へ行きました。早く着きすぎたため、二人は、カーンが助かったかどうかを聞くために、動物病院が開くまで待たなければなりませんでした。獣医は、ふたりを中に入れて、カーンが無事だったことを告げました。実の所、カーンは、順調に回復し、すでに力も戻って来ていました。

カーンは、完全に回復する見込みもありました。素晴らしいことは、シャーロットは、これからも親友とボディーガードと一緒に成長することができることです。もちろん、ここで話が終わるのではありません。

カーンの家族は、ヒーローが多い

dog-and-grandog-59940-73642
iStock/JamesBrey
iStock/JamesBrey

カーンがアニマルシェルターに来た時は、最悪の状態でしたが、彼の系統は、とてもつよい犬でした。シェルターによると、カーンは、他のドーベルマンのヒーローの子孫だったのです。彼のおじいさんは、かつてシャーレットと同じような子供を助けたことがあったのです。カーンの名前は、”カーン・ザ・ワンダードッグ”から来ています。

ワンダーは、彼の家系でよくあることみたいですね。幸運なことに、カーンは、虐待する家族から離れ、本当に愛のある家族のもとで暮らすことができています。

カーンは、国際的にも有名に

khan-the-wonder-dog-32425-42254
YouTube
YouTube

カーンの攻撃が救出劇に変わったことは、世界中にも広がりました。面白いことは、カーンは知りませんが、彼は有名犬なんです。彼自身は、いつもシャーロットの親友なんですが。しかし、キャサリンは、カーンが世界的に称賛されていることを知っています。レポーターがキャサリンに彼のヒーロー話について聞くと、”カーンが、金色のボールが欲しければ、彼に与えるわ。

私たちは、彼に大きな借りができたから。”と述べています。カーンはこれからもスビリクス家と一緒に楽しく過ごしていくでしょう。

カーンもシャーロットも、ともに今も逞しく

charlotte-and-khan-2-73251-38521
YouTube
YouTube

カーンとシャーレットは、今でも親友です。一緒に成長することが普通のことのようです。この話で、ドーベルマンのような”獰猛”とされる犬の恐怖を和らげることができれば幸いです。カーンは、自分の愛する人達を守るときにだけ、獰猛になります。カーンが唯一のヒーロー犬ではありません。

もう一つのヒーロー犬であるナラついてもご紹介します。ナラは、彼女の親友とモハーヴェガラガラヘビの間に立って、親友の命を助けたのです。次は、その話です。

ナラとコールは、いっしょにサイクリング

cole-and-nala-67731-74554
gofundme.com/nala-the-hero-boxer
gofundme.com/nala-the-hero-boxer

ある日、北カルフォルニアに住むコールとナラが一緒にサイクリングを楽しんでいました。しかし、そこに待ち構えている何かがあることに、ふたりは何も知りませんでした。いきなり、どこからともなく、モハーヴェガラガラヘビが藪の中から出てきて、攻撃してきたのです。最初の攻撃は、ぎりぎりかわしました。でも、二度目はヒットしました。ナラは、コールとガラガラヘビの間に割って入りました。

蛇はまた、突っ込み、ナラの鼻に噛みつきました。コールは、義理の父であるアンソニーを呼びに急いで走っていきました。二人は、ナラを動物病院へ急いで連れて行きました。

ナラは、勇気のある犬

cole-and-nala-2-60656-61261
gofundme.com/nala-the-hero-boxer
gofundme.com/nala-the-hero-boxer

レポーターが、ナラのヒーロー劇を聞いたところ、コールは、”ナラは、噛まれても、ひるむことなく、勇敢でした。”とコメントしました。コールの義理の父は、その蛇の種類を突き止め、一番強い抗血清をナラに投与しました。ナラは、とても危ない状況にありました。数日後に彼女の運命が決まりました。ナラは、抗血清が効いている間の最初の24時間は、高圧チャンバーにいました。

幸運なことに、ナラは、完全に回復し、家へ帰宅することができました。アンソニーは、“救出先からコールを助け、我々は彼女を助け、彼女も我々を助けてくれた。”と言っています。この事件以来、コールは、ファイスブックを立ち上げ、皆に、野道には注意するように呼びかけました。いつどこから、危険が迫るかもしれないことを。