過去20年の間に起きた中国の食品安全スキャンダルとは

アメリカの製品は、3分の1の輸入品が中国産ですが、中国で消費されているアメリカの食品はわずか1%のみです。ご存じの方もいらっしゃると思いますが、過去数十年の間で中国は複数の食品スキャンダルに揺れています。恐怖がデマを加速させたことは否めませんが、ほとんどの主張は残念ながら事実であると言われています。

爆発するスイカ、有害な粉ミルク、賞味期限切れの肉…すべて中国で実際に発生した事例です。他国に輸出されている製品も複数存在します。それでは、過去20年間の中国の食品安全性スキャンダルをご紹介していきましょう。

鉛入り粉末ショウガ

A powder ginger spice blend is on a wooden spoon.
Marco Verch Professional Photographer and Speaker/Flickr
Marco Verch Professional Photographer and Speaker/Flickr

2013年、訴訟戦争に巻き込まれたトレーダー・ジョーズとホールフーズ。気付かずに鉛が混入した粉末ショウガとキャンディプラムを販売してしまったことが事の発端です。オーガニックと記載されていたにも関わらず、ブランドは販売前に規制を行っていませんでした。

世界保健機関によれば、鉛の混入は腎臓、血圧、神経系に影響を及ぼします。「中国では農業が盛んで、いくつかの法律は存在はするがきちんと執行されていない」と、食品安全性の専門家であるマイケル・ハンセンは話しています。