飼育員も気づかなかった、ゴリラが大事そうに抱えていたものに驚愕?

地球上の最も美しい生き物とも言えるゴリラ。世界自然保護基金によれば、人間とのDNAの適合率は98.3%にものぼります。つまり、ゴリラは高い知性や深い感情などの人間的な傾向を見せることがあるということです。

ある日、サル目保護区に勤務するスタッフの目を惹いた1匹のゴリラ。どうやら何か変わったものを捕まえたようです。飼育員が近くまで寄ってみると、なんと思いがけない真実が明らかになりました。

類人猿に特化した保護区

a woman wearing a shirt saying ape action africa
Ape Action Africa
Ape Action Africa

1996年に設立されたエイプ・アクション・アフリカは、英国に本部がある類人猿の保護・リハビリを行っている野生動物保護団体です。違法なブッシュミートやペットトレードからサル目を守ることを目的としています。

現在、中央アフリカのカメルーンに所在するエイプ・アクション・アフリカのメフー保護区では、ゴリラ、チンパンジー、サルなどの280匹の保護されたサル目の面倒を見ています。とある孤児のゴリラがメフーに到着した際、スタッフはこれから起こることを全く予期していませんでした。