まさに晴天の霹靂?崖崩れのおかげで、グランドキャニオン配下で大発見?

グランドキャニオンと言えば、アリゾナ州に存在する、彫りが深い壮大な渓谷で、コロラド川により、何百万年もかけて築かれたものですよね。しかも、それは、今なお、秘密のベールに包まれた渓谷なのです。赤い絶壁に囲まれたトレイルには、古代岩石層から崩れ落ちた大岩があり、傍に近寄ってみると、そこには驚くべきものが存在します。大昔のアリゾナに存在したものとは、一体何なのでしょうか。

すべては、ブライト・エンジェルトレイルから始まった

Alexandra Schuler/picture alliance via Getty Images
Alexandra Schuler/picture alliance via Getty Images

すべての始まりは、ブライト・エンジェルトレイルが崩れたことから始まったのです。その大岩は、すぐ下にあるトレイルにあり、壮大な歴史を物語っています。しかし、その大岩も、たくさんのツーリストやハイカーに踏みつけられ続け、その価値を知られずにいました。長い年月もの間、見過ごされてきたものが、その価値がわかる者たちの手によって、ようやく明るみに出たのです。