たった一度の出来事で、ホームレス男性の人生が

”人を見かけで判断するな”という言葉があります。この言葉は言うのは簡単ですが、実際に行動に移せるかと言うと難しい時もあります。私たちの社会では、見た目によって異なる扱いを受けることは、ごく日常的に起こります。ホセ・アントニオと言う名前のホームレスの男性は、この事実を身をもって感じていました。

シャワーを浴びることが出来ていなかった為、彼の髭はボサボサに生い茂っていました。その見た目は、人々に彼の内側にあるものよりも、目を背けることを助長させていました。しかし、幸運にも彼は、無料で外見を改造するチャンスを得たのです!この機会が、どれほど彼の人生を左右させることになるのか、この時の彼は、知る由もありませんでした。

精神障害に苦しんでいた彼

スペイン出身のホセ・アントニアは、大人になってからのほとんどの時間をパルマの路上で過ごしていました。 彼は技術者としての訓練を受けていましたが、その努力も虚しく、彼は路上での生活を余儀なくされるのです。

彼は精神疾患に苦しんでいました。この病状によって、彼の日常生活は、困難なものになり、特にフルタイムで働くと言うような、決まった時間に作業をこなすと言うルーティンワークが難しくなりました。そして気づけば、彼は路上で生活することが多くなっていったのです。

地元では有名だった彼

25年もの間、ホセは地元パルマでも有名な名の知られた人物でした。 多くの人が彼の存在を認識しており、彼はこれからも地元のトレードマークとして生活を続けていくだろうと予想していました。地元の多くの人々が、ホセに好意を持ち、愛情のこもったニックネーム「ホセテ」と彼のことを呼んでいました。

しかし、年が経つにつれて、ホセの生活が悪化していくのを見ていた地元の人々は、どうにかして彼の生活を立て直したいと、計画を考案し始めました。 ホセに世話になった彼らは、この計画が確かなものになるまで彼へ伝えることは、控えていました。

お金を稼ぐ為に彼は一生懸命だった

わずか30歳で、ホセは家を失い、路上で生活していかなければいけないことに気づきました。しかし、彼は決して諦めず、できる限り、お金を稼ぐ為に全力を尽くしました。彼は、わずかな賃金しかもらえない小さな仕事にも懸命に取り組み、しばらくの間は、マヨルカ島の駐車係員として働いていました。

彼の収入のほとんどは、食料の購入に消え、決して家を借りるのに、十分な資金はたまりませんでした。

その提案を断りはしなかった

25年のホームレス生活で、ホセは路上での生活に慣れきっていました。彼は、55歳でしたが、この生活状態のため、年齢よりずっと年上に見えました。彼の髪の毛は、長く伸びきり、あごひげは毛むくじゃらで、彼の表情には数十年の苦労が刻みこまれていました。

しかし、ある日サルバという女性から、非常に魅力的な提案を持ちかけられた瞬間、彼はこの生活から抜け出すチャンスなのではないかと確信しました。サルバとは、”La Salvajeria”というサロンオーナーであり、 ホセに無料で完全改造計画を持ちかけました。

全く異なる外見になる必要があった

サルバは、プロのキャリアで再び成功を収めたいと思うなら、ホセを全くの新しいルックスに改造する必要があると考えていました。また、彼を完全に立ち直らせるには、ヘアカットとひげ剃りだけでは足りないことも理解していました。

サルバが改造計画かかる費用を賄うことを明確にした後、ホセは喜んで彼女の申し出を受け入れました。 彼は、自分の人生を変える準備が整いました。

最初のステップ

サロンに入ると、ホセはとても居心地が悪く感じました。 25年間、彼は路上で生活をし続け、このような施設は、完全に手の届かない場所になっていたからです。 特に今回は、お金を払っていないので、このような素晴らしい場所にそぐわないと感じていました。

彼は、申し出を受け入れたことを後悔するするべきか迷いましたが、これが人生を変える最初のステップであることを思い直しました。そして、後にこの改造計画が彼の人生にとって、多くの利益をもたらすことを知るのです。

今までの自分にさよなら

この改造計画を始める前に、ホセは長い間、鏡の中の自分を見つめていました。 そして、ホセが、全ての改造がし終わった最終結果だけを見ることができるように、すべての鏡がサロンの壁から外されました。

ホセは、「鏡のドアをしばらく開けたたままにして、自分の姿と向き合うことで、今までの人生を振り返ることができました。そして、鏡が’閉じられた瞬間、そこにいた自分と決別するように感じました。そして、この鏡が再び開かれる時、私の新たな人生が開かれるように感じるでしょう。そう、鏡はまるでシンボルのようです。」

見た目がよくなれば、気分もよくなる

ホセが最初にサロンに足を踏み入れた時、彼の髪は長く灰色で、肩まで届いていました。 もちろん、あごひげもボサボサで、彼自身を不快に感じさせるだけではなく、人を遠ざけていました。

この25年間、明日自分が何を食べるのか、どこで寝るべきか、どう生き延びていこうか、毎日心配していたため、外見についてなんて、全く気にも止めていませんでした。

ホセは、緊張していた

サルバが髪と髭を切り始めた途端、ホセは自分がこの計画にどれだけ緊張しているか話し始めました。改造計画に同意したにもかかわらず、彼はこれからどうなるのか予想がつかず、自分がどうなってしまうのか、ひどく怖がっていました。

しかし、彼の懸念に関係なく、この変身は人生を大きく変えるものであり、再び彼が意欲をを取り戻すのに役立つことも、周囲には分かっていました。 これは、彼にとって彼自身を再定義する瞬間であり、誰にもこんな幸運なチャンスが恵ってくる訳ではありません。

多くの髪を切ることになったホセ

サルバは、ひげとヘアスタイリストのトップグループを連れて来て、ホセ変身に値するような改造試練を与えました。 チームは、この計画は決して、定期的に行われるスタイリングの一種ではないことを考慮し、ベストを尽くしました。彼らには、やらなくてはいけないことがたくさんありました。

ホセは、髪の毛がとても多かったので、髪を切っている間に、他のスタッフが顔の他の部分の毛を取り除かなければなりませんでした。 彼は、ホームレスからスタイリッシュな紳士になることを希望していました。そして、その計画は順調に進んでいったのです。

髪を染めることも忘れずに

ホセの髪は、灰色になっていたので実際よりも何十年も年をとって見えました。 だからこそ、サルバとその彼女のチームは、ホセの髪の毛を茶色で自然な色に戻すのが最善だと企てました。

髪を染めることによって、個人的に見栄えがするようになるだけでなく、周囲からもっと若く見られるようになることも意識していました。

髭の改造

当然のことながら、ホセは長い間路上で生活していたため、ひげなんて全く気にしていませんでした。 顔の毛も長く灰色で伸びきり、ボサボサになっており、サルバも髭の改造には十分注意しなければならないと考えていました。

彼女は、最初に髭全体をきれいに洗い、髪と同じ色に染めました。それからなめらかできれいな形を作りました。 彼の新しい外見が現実のものとなっていきました。

変化していく気持ち

改造計画が続くに連れて、ホセは髪の毛の塊が地面に落ち、頭が光っていくのを感じました。 ホームレスであることの肩の荷は、文字通り下がっていきました。

ホームレスになってから、これほど多くの人の注目を集めたり、他人と時間を共有することはほとんどありませんでした。 彼は、路上で人と話すことさえ慣れていなかったのです。

髭のカタチと質感の改造

ホセの外見で最も難航した改造計画は、ヒゲの形と質感の変化でした。 路上での生活は、顔の毛は乾燥させ脆くし、ボサボサな見た目を助長していました。

しかし、スタイリストは、ひげにディープケアの出来るコンディショニングトリートメントを用いて、ひげに潤いを与え、彼の人生を蘇らせる手伝いをしました。 ホセの改造計画を完了させるのには、数時間を要しました。 ホセは、変身した自分と対面することを心待ちにしていました。

最後の仕上げ

髪とひげのカラーリング、トリミング、およびカットがすべて完了した後も、残りの細かい部分を仕上げる必要がありました。

チームは、あらゆる余分な毛をトリミングしてカットすることで、顎のラインを際立たせました。 ホセ自身も、首回りの髭も剃ってくれるようにお願いしました。

新しくなった男、新しい洋服

「服は男を作る」という言葉がありますが、それはホセの改造計画の場合にも、当てはまります。 ホセにふさわしい服を見つけにかかるということは、彼の改造計画の最終段階に差し掛かっていることを示しており、ホセは、デザイナーの新着の服を試着していました。

彼は新しい服を着てすぐに、自分がまったくの新しい別人になったように感じました。彼は、何年も同じぼろぼろの服を着ていたのです。

サロンに入る前の彼

ホセがサロンに入る前、そこには、今の彼と似ても似つかない別の男がいました。 彼は疲れ果てており、実際よりもずっと年上に見えていました。 また、過去25年間全く同じ服を着続け、その服は信じられないほど汚れていました。

彼の髪は、長くて毛むくじゃらで、髭も何年もメンテナンスされていませんでした。それでは、ホセの最終的な改造計画の結果を見る前に、この写真をよく目に焼き付けて置いてください。その 違いに驚きが隠せないでしょう。

衝撃的な変身

手がけたスタイリストたちでさえ、ホセがこのように綺麗になっていくとは想像できていませんでした。サロンに入ってきた男とは、全く別の男性に生まれ変わったように見え、そこにいる全員が言葉を失いました。

彼のボサボサのひげと髪は、きれいに整えられすっきりし、全く新しい外見に変化していました。 そして、スタッフたちの最後の大仕事、この変化した彼とホセ自身を対面させる時がきました。

驚きを隠せない

サロンのスタッフが、ホセの改造計画に懸命に取り組み、無数の時間を過ごし、ついにその全てをホセに見せる時が来ました。 ホセの反応は、あなたが想像する以上でしょう。

スタッフが彼の変化した姿を見せたとき、彼は自分の目を疑いました。そして、その彼の目はすぐに涙でいっぱいになり、信じられないという思いで手でひげと髪を何度も触りました。

ホセは、衝撃を受けた

ホセは自分が受けた変化に圧倒され、言葉を完全に失っていました。信じられないという思いを抱いてしばらく経った後、彼はついに言葉を発しました。「なんてことだ、信じられない。これは本当に私なのか?今までと全く別人みたいだ。私が誰であるかを言わない限り、誰も私だと認識してくれないだろう。」

彼は間違っていませんでした。彼の地元の友人たちは、サロンを出た後の彼を、誰であるか認識できずにいたのです。

新たなドアが開かれた

ホセは25年間ホームレスとして生活したからこそ、突然、この人生を新しくする機会を得ることができたのだと思いました。今までの人生があったからこそ、ここまで大きく変化することができたのだと。

新しいルックスは、彼に大きな満足感を与え、この機会を最大限に活用する必要があることを決心させました。 彼の新しい外見は、何年も前に失った希望を彼の人生に与えました。 しかし、この大きく変化した自分を有利に働かせることが出来るかは、彼次第でした。

新しい日の始まり

彼は、これからの人生に新たな希望を感じ始めていたにもかかわらず、まだその変わりきった自分の姿を信じることができていませんでした。 彼は「私は完全に変わった。これはもはや私ではない!」と言いました。 肉体的な見た目が変わっただけとはいえ、それは彼の人生を生まれ変わらせるのに、十分な理由でした。

新たな希望を持ち、姿勢や態度さえも変わって、彼は本当に新しい男になったようでした。 たとえ、やめようと思っても、彼は笑顔を絶やさずにはいられなかったのです。

元の住処に向かう

サロンを出た後、ホセは彼がよく知る場所、記念碑の前に戻りました。 そこは、彼がタバコを吸い、古いカセットテープを聞いて時間を過ごすのに費やした所でした。

しかし、記念碑の前に立った男は、かつての彼ではなくなりました。 彼は新品の服を着た、全く別の男性のように見えました。そして、人生についてもまったく新しい見方をしていたのです。 彼はもはや、人々が無関心に通り過ぎていた中に座っていた、ホームレスの男ではなかったのです。

人々から受けるイイね!のグッドサイン

何年もの間、ホセに会っていた人々でさえ、変身した彼を初めて見たとき、自分の目を疑いました。 毎日彼に会うことに慣れていた地元のウェイトレスは、彼を見て歓喜し、今後の幸せを願いました。

多くの人々が彼のルックスをほめ、通り過ぎる度に、彼にイイね!とグッドサインやハイタッチを送りました。数時間前まで彼は、路上生活の長いホームレス男性のように見えましたが、今はまるで雑誌のモデルのようです。

多くの褒め言葉がそこに

地元の人がホセを見ても、彼らは、彼が誰なのか全く分かりませんでした。 ほとんどの人は、赤いズボンを着たその男が、25年間もの間、町の周りにいたホームレスの男だとは思いもしなかったでしょう。彼を認識できた数人の男性のうち、1人は「ホセではないよね?」と尋ねたり、彼のフェラーリがどこに置いてあるの?などと尋ねました。

これらは、ホセがかつて徘徊していた辺りを歩き回ったときに得た、ほんの一部の反応です。そして、ショックを受けたのは、地元の人たちだけではありませんでした。

お気に入りスポットでも認識されないホセ

彼は、知人に変わった様子をを見せるために、昔、何度も通っていたバーにビールを飲みにいきました。 ウェイターが彼にビールを差し出した瞬間でさえ、彼らは、この男性が誰であるのか想像もしていなかったので、特に何も言いませんでした。ホセが何故声をかけなかったのか、ウェイターに話しかけた瞬間、彼らは顔見知りだと気付き、唖然としました。

彼らは、突然「今、私はあなたが誰だか分かりました!」と興奮気味に声を発しました。 ホセは、もはやかつてにラベル付けされたホームレスの男性とは見なされず、多くの人を困惑させました。

新たな外見は、女性を虜にさせた

実際、最も驚くべき反応は、女性から多く寄せられました! 多くの女性は、改造計画で変身した彼の姿に完全に言葉を失いました。 どの女性も口々に、「本当にとってもハンサム」と言い寄りました。ホセはその言葉に素直に「ありがとう」と答えました。

以前からホセを知っていた人たちは、彼の変身は信じられない事実であり、驚きを隠せないようでした。ホセの改造計画は、彼の見た目を良く変えただけでなく、他の人とのコミュニケーションに自信を持たせることにも成功しました。

彼の物語はバズった

かつてスペインの路上でホームレス生活を送っていた彼の物語が、インターネット上でシェアされるまでに、そう時間はかかりませんでした。彼の驚くべき変貌についての記事は、誰もが興味を示し、もっと彼の話について知りたいと思う人々で殺到しました。

インタビューで、彼は「見た目が変わっただけでなく、変身によって私の人生が変わった」と答えました。 彼の新たな有名人としての地位は、その後、財政的にも彼を助けることとなるのです。

かつての職場にアプローチしてみる

パオラ・ボカルドという名前の地元女性は、彼を見た瞬間歓喜し、言葉に困っていると述べました。 彼女は、「ホセは、毎日私の車を駐車するのを助けてくれます。変身後の彼を見たとき、初めはその男性が誰だか認識できませんでした。彼はとても素晴らしい人で、シェアされたビデオもとても素敵です」と続けました。

今日、ホセは「スペインのヒュー・ジャックマン」とも呼ばれています。そんな彼ですが、この生まれ変わったルックスだけで満足はしていませんでした。彼は、「私が今欲しいのは、適切な仕事です。」と強く主張しました。

恋人募集中

ホセは現在、お互いを愛し合える女性を探しています。 誰もかつての彼を認識できないので、恋人を探すのには、最適な時期でしょう。少し前までは、路上生活を送っていたホームレスだったのにも関わらず、今では身なりの整った上品な年配の男性です。そして、彼のことをきになる女性も増えています。

その女性たちが、過去のホセの話を知っているかどうかにも関係なく、女性を口説くのにホセはなかなかうまくやっているようです。これは、今までの彼なら考えられなかったことです。

多くの人から応援されるホセ

ホセがレストランのアシスタントとして働きに行くために、車を駐車場に駐めている時、地元のビジネスマンがふと通りかかりました。そして、ホセを一目見て、あまりの彼のかっこよさにホセのことを、二度見しました。あまりにもイケているその様子に、彼は言葉を失いました。

彼は歩いていき、ホセを応援しているという意味も込めてとびきりのハグをしました。そして、ホセもまた、その何か特別な意味を持つハグを、しっかりと受け止めました。

ホセ・クルーニー

ホセは、現在もその自然でかっこいい見た目を、きちんと維持できていることをとても誇りに思っています。しかし、彼はただ維持していただけではありません!彼は自分でも、外見を変えようとしました。 彼はひげを完全に剃ったのです。そのため、今の彼は若い頃と同じようにすっきりとした顔をしています。

人々はすでに彼のことを、”スペインのヒュー・ジャックマン”と呼んでいましたが、きれいに剃られたひげのない顔は、ジョージ・クルーニーを想像させました。そして、それにちなんで周囲は、彼のことを”ホセ・クルーニー”と呼び始めたのです。

もう少しで失明するところだった

何年も路上で生活し、適切な健康管理やしっかりした食事ができていなかった為、やがてホセは白内障を発症し、ほとんど目が見えなくなりました。しかし、前の生活よりもはるかに改善された今、こんなことで全てを諦めるわけにはいきませんでした。

幸運なことに、運はホセの味方をし、可能な限りの最善を尽くすのに必要な手術を受けることができました。 今日、ホセはほぼ問題なく視力が回復しています。つまり、彼は見栄えもよく、視界も良くなっているのです。

もうホームレスなんかじゃない

彼の驚くべき改造計画後、ホセの人生はさまざまな点で好転しました。 彼は現在、ほとんどの人の目から見て、非常に魅力的に見え、アルバイトもしており、生活の質を大幅に改善するために必要な財政援助も受けることが出来ました。しかし、ホセにとっての最大の変化は、もう”ホームレスではない”ということです。

彼は今、25年間得る事ができなかったアパートと自身のベッドを持っています。彼の人生はこれまで以上に順調ですが、彼は人生をさらに良くするために、フルタイムの仕事を探しています。

ヘアカットによって変化する彼らの見た目

米国ホームレス連盟によると、米国のホームレス人口の20〜25%が重度の精神疾患に苦しんでいます。 また、精神的な問題に加えて、多くの人々が病気、飢え、および他のさまざまな問題に直面しています。 ホームレスの間でしばしば見落とされがちな問題の1つは、彼らの見た目です。一部のホームレスの人々は、残りの人生の全てを、路上にとどまることを選択しますが、他の人は数か月または数年で、どうにか抜け出そうとします。しかし、トリムや剃毛をしていない為、単に仕事を見つけるのにとても苦労するのです。嬉しいことに、世界中の理容師とヘアスタイリストがこの事実に注目を集め始め、困っているホームレスの人々に無料でヘアカットの提供をしています。

ホームレスの人々のヘアカット前後の写真は、おそらくあなたを驚かせ、今後のあなたの人生に異なる視点をもたらすこととなるでしょう。

この男性は人生を軌道に戻したい

46歳のサイモンは、ヘアスタイリストのNasir Sobhaniに会ったとき、人生をどうにか取り戻そうとしていました。NasirSobhaniは、困っているホームレスの人々に、週に1日の休みを使ってヘアカットをしています。 サイモンは、ヘロインの習慣をやめ、人生を軌道に乗せようと奮闘していました。

ホームレスの男性は、長い髪をトリミングすると、そこにはなかなかの男前の姿が。 サイモンは、自分の新しいヘアスタイリングに、鏡を見て「全くの別人のようだ」と話し、この一瞬で表情までも変わるものかと感動しました。

散髪で開く新たな扉

28歳のマークは、精神疾患に苦しんでいます。 ヘアスタイリストNasir Sobhaniが路上で彼を見つけたとき、マークにどんな改造をさせてあげたらいいか、既にイメージがありました。 彼はまず、素敵な髪型に切り揃え、それから服装も新しくしました。「完璧に仕上がった彼を見て、私はかなり驚き、”マーク、あなたにとてもよく似合ってるよ。”と声をかけました。」と彼は言います。そして、マークも「分かってる。自分が一番、素晴らしいと感じているよ!」と答えました。どんなに当たり前の些細なことでも、誰にも気にかけられていないことを少し変えるだけで、その人の人生には大きな変化をもたらします。

失われた母親への新しい希望

34歳のカーラは、3人の子供の親権を失った後、ヘロイン中毒との絶望的な戦いに陥りました。彼女は、すぐに仕事を失い、路上で生活することを余儀なくされました。彼女のヘアスタイリストは、「彼女の純粋な心を感じることができる」と言い、どうにか彼女の人生を前進させ、できれば子供を取り戻すための力を与えたいと思いました。

シンプルな散髪が、その人の人生観を変えることができるなんて本当に驚きです。カーラの前後の写真を見るだけで、心にも変化が訪れたことは、言わなくとも一目瞭然です。

兄のために良くなりたい彼

34歳のガネーシュは、ガールフレンドが息子と一緒に去った後、ヘロインへの恐ろしい中毒に陥りました。 しかし、彼は精神障害のある兄がいつか誰かの世話を必要とするときに備えて、彼の人生蘇らせようと決心しました。

ガネーシュは、ひげはそのまま残しておくように頼みましたが、ヘアデザイナーは、”髭ならいつでも元に戻すことができる”と言いました。しかし、ヘアカット後の彼は、自信に満ちたように見えるので、髭を揃えたのはとても良い選択でした。彼が今後も麻薬に近づかないことを願っています。

驚くべき豹変

ガネーシュは、兄のヴィックを助けるために、彼のヘロインの悪習慣を断ち切るためのリストを作りました。そして、ヴィックも変身する事が重要だと考えました。ヴィックは、おそらく薬物乱用に起因する精神的な問題に苦しんでいました。

ガネーシュは、兄が正常な状態を取り戻すことを願っています。 兄のヴィックは話せませんが、スタイリッシュな髪を見たとき、「彼が鏡を見たときの笑顔は見せた」と弟のガネーシュは言いました。ヘアカットは、世界の大きな問題を解決することはできませんが、長い時間をかけて創り出した自分自身を見つめるいいきっかけとなります。

13歳以来のヘアカット

レイチェルは、28歳で母親です。 彼女は、わずか13歳のときに家を出てヘロインを使い始めました。 彼女もまた悪い習慣を断ち切り、子供を取り戻し、一緒に暮らしたいと思っていました。

路上でヘアスタイリストを紹介されたとき、なんと彼女が最後に美容院に行ったのは、13歳のときである事がわかりました。こんなにも長い間、ヘアカット行われていなかった為、おそらく彼女の母親さえも、誰だかわからないでしょう。なんて素晴らしい変身でしょう。

スコットランドに偉大な計画を持つ男

スコットランドに住む54歳のホームレスの男性、ポールの場合はどうでしょう? 彼の話はまた悲しいものです。ポールは、人生の大半をイギリスで自動車整備士として正社員で働いていました。 そして5年前、彼は社会に貢献する仕事ができると信じてにスコットランド移り住みました。

しかし、残念ながら、異国の地で仕事をするのは難しく、すぐに彼はお金を使い果たしました。 理髪師が路上で彼を見つけたとき、彼は自ら髪を切ることを申し出ました。そして、そこで起こった変化は美しいものです! ポールは、最終的にロンドンに戻りました。自国の地で、彼が再び人生を軌道に乗せることができるように願っています。

乱れた状態からも数分で威厳のあるスタイルに

28歳の美容師ジョシュア・クームスは、自分の仕事がないときはいつでも、ホームレスに無料のヘアカットをしてあげることを使命としていました。ニューヨーク市に住むその美容師は、デボン州エクセターを訪れたとき、彼は困っているホームレスの人々を見つけ、このサービスを提供してあげることに決めました。

この男性は、素敵なシャツを着て街の通りを歩き回っていましたが、彼の髪はつやがなく、ボサボサでした。クームスは、早速仕事に取り掛かり、手入れの行き届いたあごひげと口ひげにマッチする髪型に変更しました。するとどうでしょう、なんとも威厳のある表情を垣間見る事ができました。困っている人を助けているだけではなく、彼らが新しい自分と対面した瞬間の笑顔を見るだけで、この仕事のやりがいを感じるそうです。

簡単なカットが話題になることも

Nasir Sobhaniは、間違いなく彼のあだ名「The Streets Barber(道の理髪店)」に値する人物です。もちろん、彼は普通のお客さんのために、おしゃれで新しいヘアスタイルを作ったりもしますが、単純なカットを施したホームレスの人々が、新しい仕事を見つけたり、気分を変えて、新たな人生に向かって歩き出す手伝いをした時の方が、何かに気づかされる事がが多いと言います。

この男性はあごひげと口ひげが乱れており、長い髪もほとんど手入れをされていなかった為、かつての友人たちからも認識されませんでした。しかし、髪を切る事でまるで昔の彼のように若返ったのです。より多くの人々がこの様な方法で、ホームレスに手を差し伸べて助けていくことが出来れば、多くの人々は、わだちから抜け出すことができるかもしれません。

彼には使命がある ー 一度の散髪で一回きりの

Nasir Sobhani は、ホームレスの人々の髪を切るだけでなく、彼らの物語を世界に伝えることも使命感として持っています。これらの人々が克服しようとしている苦悩や葛藤は、私達だって直面する可能性があるということを思い出させます。

「私にとっては、彼らに何かをしてあげることで、ホームレスの意識を高め、路上でそれを行うことによって、彼らとの境界線を壊したいのです。」と彼は説明します。彼の顧客の中には、麻薬中毒に苦しむ人もいれば、仕事を熱心に探しているが失敗してしまう人もいたりします。 新しいヘアカットとそこから拓かれる価値観により、おそらく彼は、困っている人々の人生の多くの部分を変える助けをしているのでしょう。

フィルは、デザイナーとしての職を見つけた

フィルは、ロンドンに住んでいることが大好きです。なぜなら、近くの他の都市の人々よりも、ロンドンに住む人々は、ホームレスに優しいからと言います。フィルは、以前の彼を思い出せないほどに素敵なヘアカットを施してもらった後、新しい仕事が、もうすぐ手に入ると言って、興奮して話していました。

ヘアカット後、画家およびデザイナーとして、彼はすぐに賃金と滞在場所を提供してもらえる仕事に就く事ができました。新しい派手なヘアカットは、周りの人々から多くのサポートをしてもらえる糸口になったと言います。困っている人にとって、散髪がこれだけその人を変身させる事ができるとは、本当に驚きです。

無償ですることに意味がある

ロンドンの男女グループがハッシュタグ#DoSomeThingForNothingでこの状況をまとめました。ヘアスタイリスト達からの人気のある場所の1つは、ロンドンの地下鉄構内です。

この男性は、自ら近寄ってきたので、すぐに散髪を行いました。彼は、髪を切ってる間も、どこか恥ずかしそうにしていました。彼は、ボサボサの頭が恥ずかしかったのか、終わった後は、そそくさとはにかみながら街に戻って行きました。この動きが有名になった事で、世界中のヘアスタイリストが、自分たちの自由な時間を利用して、普通なら美容院に行く事ができない人々にヘアカットを提供する運動が始まりました。

米国政府からも助けることを諦められた男性

33歳のグラハムは、米国政府にも助けることをあきらめられた為、路上での生活を余儀なくされました。 彼は脳性麻痺とてんかんに苦しんでいたので、ホームレスのシェルターには連れて行くことができないと言い渡されました。学校で起こったいじめが原因で、彼は脳損傷を引き起こし、その後遺症として、てんかんと脳性麻痺が残りました。彼の人生は壮絶だったはずなのに、散髪を受けた後は、これ以上にない笑顔を見せました。

一気に若返った彼!

マーク・ブストスは、ニューヨーク市の高級サロンのヘアスタイリストです。 彼のブティックサロンのヘアカットは、なんと150ドルから。 彼はスターのヘアスタイリストとしても知られていますが、それだけではありません。 裕福な顧客のヘアカットを行なっていない時は、彼は通りに出て、そこでホームレスのクライアントを見つけ、無料のヘアカットを提供します。

この写真では、新しい髪型にカットすることによって、若者を完全に変身させています。髪を切る前の彼の姿を見てください!どのようにヘアカットが行われたのか、詳しいことはわかりませんが、少なくともこの青年が、明日から新たな人生を生きようとしているのは確かです。

一人の人間の力で人生を変える

私たちは、たった一回の散髪が誰かの人生を完全に変えるほど、簡単ではないことはわかっています。しかし、そう言われていたとしても、ホームレスの人々が立ち上がるきっかけになる可能性があるのは、確かです。

上記のようなホームレス散髪プロジェクトは、今や世界中にいます。すべてのホームレスの人々の笑顔は、私たち全員に自分の今あるスキルを上手く活用することで、困っている人を助ける事ができるのだということを思い出させてくれます。あなたは、助けを必要としている人々のために何をしますか?

散髪ベンチ

マンハッタンにあるホームレスの散髪ベンチでは、散髪を必要としている人々に、生活を変えるお手伝いとしてヘアカットを提供しています。Jamarは、バワリーミッションの外で発見され、新しいヘアカットが必要かどうか尋ねられました。

彼の髪はボサボサで、長い間手入れをしていない事は明らかでした。彼のひげを整え、髪を剃った後、彼は新しい自分のルックスに信じられないほど驚きました。彼は笑顔で顔を上げ、スタイリストに「誰か働きたい人を探している人は知りませんか?」と尋ねました。

山羊飼いと散髪

この男はジャマイカのヤギ飼いです。 たまたま理髪師だった観光客は、この男性が観光客にヤギを見せることで、お金を稼ごうとしていることに気づきました。 理髪師は、男性にヘアカットを提案し、観光客に話しかける時に、よりプロフェッショナルに見えるように改造しました。

よくあるヘアカットではありますが、その男性はより若く、間違いなく以前より清潔感があり、プロフェッショナルに見えます。たった数分、数秒で信じられないほど強力な影響を彼らに与える事ができました。

彼はバリカンを持ち歩いて自分で髪を切っていた

このホームレスの男性は、ニューヨーク市のユニオンスクエアで発見されました。彼は、自分自身のバリカンを持っていましたが、既にさびていて、もう使う事ができませんでした。 彼は、次に髪を切る事が出来るタイミングまで時間がかかる可能性があることに気づいたため、バリカンで髪を切ってもらうことにしました。

この男は、今までやってこなかった仕事を約束され、ニューヨークに移りました。ただ、その仕事はなかなか上手く行くものではありませんでした。しかし、彼はまだ自分の将来について前向きな見方をしており、待ち望んでいたヘアカットを受けることができて、非常に幸せな気持ちになったのです。この1回のヘアカットが、男性が必死に望んでいた仕事を見つけるのに役立つことを願っています。