ボーイング727を、森の家に変えた男の話

もしあなたが、オレゴン州ヒルズボロの森をさまよって、ボーイング727を見つけたとしても、決して心配する必要はありません。 その飛行機は、墜落した物でもなければ盗難貨物でもありません、そう、ブルース・キャンベルの家なのです。 運が良ければ、ブルースはあなたに、その飛行機を改造した自分の自宅を、誇らしげに見せるツアーを実施してくれるかもしれません。 それでは、どうやって飛行機を家に変身させたのかそこまでの過程と、そして、キャンベルの生き方、立派に改造された飛行機に住んでいる人々の特典と、未来に起こりうる可能性を見てみましょう!

幼い頃の夢

Twitter/@shalali01
Twitter/@shalali01

ブルース・キャンベルは、64歳で退職した電気技師です。 彼は若い頃から、自分の創造した明確なビジョンがありました。 そして、そのビジョンを実現するために、20代前半に、オレゴン州ヒルズボロの森で、10エーカーの土地を23,000ドル程で購入しました。また、キャンベルは、彼が自分の持っている財産で何をしたいのか、非常にユニークなビジョンを持っていました。

彼の計画は、多数の貨物を使用して、家を建設することでした。 そして、実際に建物から家を建てた人の話を聞いて、彼は、実現できる可能性に非常に興奮していました。そして、ここで彼は一大決心するのです。

計画の変更

Pinterest
Pinterest

キャンベルは、ボーイング727機を購入し自宅に改造した、美容師のジョアン・ユセリーという女性の話を聞きました。 彼女は、前の家が全焼した後、これを機に湖の隣に飛行機を置き、家に建て変えたのです。

キャンベルは、すでに貨物車を自宅にするように、動き始めていましたが、飛行機を家にするというアイデアは、とても興味をそそられ、中で遊ぶのも楽しいかもしれないと思いました。 彼はその計画を実行するのに、十分な土地と野心があったので、あと必要なのは飛行機を購入して、オレゴン州の土地に輸送することだけでした。

飛行機の購入

Pinterest
Pinterest

1999年、キャンベルはついに飛行機を購入することにしました。 彼は、アテネ空港のオリンピック航空から、100,000ドルでボーイング727を購入しました。 航空機は、用意できたので、次にやらなければならないのは、彼の土地である森にこの飛行機を輸送することだけでした。

ギリシャのアテネからオレゴンへの移動は、この計画の中で最も困難で、ストレスの多い過程の一つでした。なぜなら、この輸送には、さらに120,000ドルの費用がかかったのです。 しかし、彼はそのお金に糸目はつけませんでした。それは、飛行機を一度自宅にしたら、もっと多くのお金を節約できることを知っていたからです。

引越し計画

Pinterest
Pinterest

飛行機を購入後、ブルースはオレゴンに戻って、その彼の計画を早く進めたくて仕方ありませんでした。しかし、飛行機を森の中に移動するのは、思ったよりも難しく、多くの手順が必要だったのです。

彼は、森の中に移動するために、飛行機の翼を正確に分解してくれる、働き手を雇う必要がありました。 そして、翼は、元に戻せるように慎重に分解されたのです。キャンベルは、飛行機が持つあらゆる特性を活かした家にしたいと思っていました。

飛行機の勝ちに気づく

Pinterest
Pinterest

当初、キャンベルは、飛行機を自分が楽しむためのプロジェクトくらいにしか考えていませんでした。そして、飛行機のリサイクルすることを思いつくまで、明確な方向性すらも持っていませんでした。しかし、彼はもう跳ぶことができなくなった飛行機が、ただ廃棄されるだけでなく、家に改造されることをどうにか証明したかったのです。

彼は何年もの間、飛行機プロジェクトを、家にしていた貨物車の中で行っていました。しかし、その家がネズミに襲われ、建築許可なしで作業できなくなった後、彼は飛行機に移動することを余儀なくされました。この時、初めて飛行機の価値を実感したのです。

全ては理にかなっている

Pinterest
Pinterest

「Mirror」のインタビューで、彼は「美しくきらめくジェット旅客機を、廃棄して無駄にするのは、悲劇であり、人間の大きな失敗である。」と説明しました。しかし、ほとんどの人が森のなかの飛行機に一人で住むのは、孤独であると思うが、キャンベルはこれを自然なことだとも表現しました。更に、「飛行機は、他の建造物と何の変わりない工学の恵みである。」とも付け加えました。

キャンベルは、飛行機内のレイアウトを一度も作成しなかったが、全ての設計イメージやインテリアの配置まで、飛行機に乗った瞬間、全て明確になったと話しました。

メンテナンスは、それほど簡単ではなかった

Pinterest
Pinterest

キャンベルは、改造した飛行機を世界に誇示する準備をする前に、外装を整備する必要がありました。 彼は、高圧水スプレーで外側と胴体を洗う必要があったのです。 「Daily Mail」誌に、「この課程は、それほど難しくはないかもしれないが、全体の過程を終えるのに、約4日はかかる」と語りました。

飛行機は、2年に1回は洗浄する必要があり、はしごやその他の道具を駆使しながら、航空機のあらゆる部分を清掃する必要がありました。 飛行機を洗うということは、上から落ちる可能性があり、危険であることが分かっていたので、彼は、毎回緊張していました。

キャンベルの城

Pinterest
Pinterest

キャンベルによると、すべての飛行機は、人々が定年後に住む事のできる「航空宇宙の城」になる可能性を秘めている、といいます。彼は、「Daily Mail」誌に、 「昔の家が、古い時代がレガシーやフォードなら、旅客機は、新たなテスラやポルシェ・カレラだ。」と語りました。

キャンベルのボーイングは、コンクリートの柱を使用して支えられており、オレゴン州ヒルズボロの近くの私道にありました。 飛行機を見た訪問者は、多くの作業が、飛行機だけでなく周辺地域にも行き渡っているため、その飛行機がただ着陸しただけではないということが、見て取れるとコメントしています。

全ての材料を活用する

Pinterest
Pinterest

キャンベルは、飛行機のあらゆる側面を、できる限り再利用することに力を入れていました。 その為、コックピット内に、ほとんどの制御装置やその他の機器を残してしまいました。 しかし、飛行機を住みやすい空間にするために、内部のいくつかの装置の修正を行わなければならないという、深刻な問題に向き合わなければいけませんでした。

キャンベルは、飛行機内に常駐し、毎日変更を加えているため、機内は継続的に改装を行っていました。 彼は、シャワールームをカスタマイズしている間、飛行機特有の階段や、トイレ、LED照明、座席など、飛行機の元ある機能の一部を復元することに取り組んでいました。

細かいところまで

Pinterest
Pinterest

キャンベルのボーイング727の家に入ると、飛行機に備え付けの、元折りたたみ式階段の吹き抜けを登る必要があります。 階段は、航空機がまだ使用されている間に、乗客が登ったものと同じです。 そう、キャンベルは、最後の細部まで、正しく利用したかったのです。

彼は、ゲストが自宅の中で履き替える用のスリッパや、靴棚さえ設置しました。 飛行機の内部を掃除するのは、楽ではなかったので、皆が機内では、靴下とスリッパを着用することを勧めました。

インテリア

Pinterest
Pinterest

飛行機内の床はガラス張りで、周囲が森で囲まれている為、すぐ汚れてしまいます。 そのため、飛行機をできるだけ清潔に保つために、靴下とスリッパは、常に着用していました。 彼は一人暮らしですが、自分の家の清潔さに誇りを持っていると説明しています。

また、靴下とスリッパを家の中で着用するのは、彼の飛行機改造ホームのお気に入りの特徴の一つだと言います。 彼はまた、その床は彼にとって、飛行機で他に何をするべきかのインスピレーションを与えてくれるものであるとも主張しています。

モダンな生活

Pinterest
Pinterest

ボーイング727には、1人暮らしには十分なスペースがありますが、キャンベルは、依然と変わらない、かなり控えめな生活を送ることを選んでいました。 彼は布団で寝て、電子レンジとトースターで調理をし、主に穀物や缶詰などの作りやすい食品を食べます。 空き時間には、その場しのぎで設置された機器を、いじり調整します。

これは、キャンベルの飛行機でリラックスする方法を示していますが、飛行機の内側も外側も、常に何かしらの改造計画を進めているので、彼が休むことはめったにありませんでした。

衛生管理をするためには、技術が必要だった

Pinterest
Pinterest

キャンベルの飛行機には、トイレが2つありますが、それでもシャワールームも必要です。そのため、彼は飛行機の尾部に、それに近いものを作りました。温水を流すために、彼はそのための溝を掘り、井戸の電力線を再配線したのです。

次に、古いメーターベースと、古い電源ケーブルを融合し、内部に新しいサーキットブレーカーキャビネット、通信ケーブル、PVCパイプ、および予備の水パイプを取り付けました。 これにより、彼はシャワーを浴び、歯を磨き、きれいな水で手を洗うことができます。 決して贅沢ではありませんが、十分な機能です!

コックピットはそのままで

Pinterest
Pinterest

キャンベルは、コックピットの機能は、そのまま残し、本物の飛行機であることを認識できるようにしました。 コックピットでは、操縦する代わりに、読書とエンターテイメントのエリアにしました。 このエリアは、彼が絶えず改築を繰り返している場所の一部であり、ガジェットと機器ができるだけ新しいように見えるようにしたと語りました。

彼は「Business Insider」に次のように語りました。「そこは、まるでおもちゃ箱のようです。トリックドアやトリックが隠されたフロアー、あちらこちらに仕掛けがあります。 全ての設備が、僕にとっては飛行機内の冒険のようです。」

キャンベルの仕事場

Pinterest
Pinterest

1日のほとんどをキャンベルは、仕事場で過ごします。彼の仕事場には、コンピューターがあり、現在は飛行機改造計画以外のプロジェクト設計にも取り組んでいます。次のプロジェクトを計画するのは、彼にとって最大の楽しみをもたらしました。

彼は、「多くの人が、僕のことを何らかの形でオタクだと思っていると思うよ。でも、大事なのは、常に楽しむことだ。」と語っています。現在の彼の夢は、エンジニアになることであり、これによって、キャンベルがより住みやすく、実用的な家になることの可能性を広げます。

ライトは必須

Pinterest
Pinterest

キャンベルが、飛行機の中に水を引いた方法と同じように、彼はまた、内側と外側の両方から照明が当たるように復元する作業を始めました。 彼は森の真ん中に住んでいる為、ライトは必須です。 すべてのライトが機能しているということは、夜間中の作業も問題なくなるということを意味します。

彼は、停電を心配することなく、読んだり、書いたり、あるときは、研究したりすることができます。 更に、そのライトの設備は、環境に可能な限り優しいものにするために、エネルギーを節約し、元から設定してあったLEDライトを修理することにしました。

彼は見栄えにも気を遣った

Pinterest
Pinterest

室内のインテリアをコーデイネートすることはもちろん、キャンベルは、ボーイング727が置かれている場所の外観も綺麗に維持するように努めました。 ごく一般的な裏庭のように、週末には芝生を刈り、枝を切り、敷地内の草取りをします。

彼は、これらの作業を週に1回行い、自宅が常に見栄えよく見えるようにしたと言います。自分の財産であるボーイング727が、素敵な家に見えるように、決して墜落して、誰も気づいていないただの飛行機に見えないように。

充実したキッチン

Pinterest
Pinterest

多くの人にとって、飛行機で生活することの欠点は、生活用品に制限がかかることだと思います。 しかし、キャンベルは、いかに快適に生活できるかを、自分の生活を基に証明しています。 例えば、彼のキッチンを見てください。 彼は自分の食事を作るために、必要なものがすべて揃ったパントリーを用意しています。

確かに、彼はそんなにグルメな食事は作れないかもしれませんが、豪華すぎる食事は、キャンベルのライフスタイルではありません。 彼は、飛行機の中で、常に小さな作業行いながら、食事を摂ります。 電子レンジとトースターしかなくても、彼の食事は、決して制限されていないのです。 また、この森は、街からもあまり遠くないので、食料品の買い出しなどもあまり困らないのです。

飛行機での生活の利点

Pinterest
Pinterest

「Daily Mail」がキャンベルに、航空機を家にしたことの利点を尋ねると、彼は安全性の重要な利点について言及しました。 飛行機は非常に耐久性があり、頼もしく、地震や、自然災害、強い嵐に耐えることができると述べています。 飛行機は、驚くべき耐久性の外観だけでなく、内部も緊急事態に耐えることが保証しています。

「飛行機は、密閉された圧力容器であるため、内部を清潔に保つのは、比較的簡単です。今後、人々がこの利点を理解し始めれば、きっと人気になるでしょう。」と彼はコメントしました。

一般人と同じように

Pinterest
Pinterest

ブルース・キャンベルは、飛行機に住んでいるという事実以外は、他の人とそれほど違いはありません。 彼は、必要な用事を済ませたり、働き、社交の場に出向いたりします。 ただ違うのは、飛行機に住んでいるということだけです。 また彼は、家の世話をするのと同じように、自分の身なりも綺麗にします。

航空機内のインテリアは、計算され尽くされ、きれいにレイアウトされています。彼は、かなりの綺麗好きで、外見を常にきちんとしておきたい性格です。 彼は、森に住んでいますが、普通の家に住んでいる人と同じように、自分の世話をします。必要なものは、すべて揃っており、他の方法で生活する必要はないのです。

オリジナリティを保つ

Pinterest
Pinterest

キャンベルは、ボーイング727を、すぐに分解することはありませんでした。なぜなら彼は、この自宅を、まだ飛行機の中にいるような状態にすることを望んでいたのです。 その為に、彼は元の座席の一部には、手を加えないようにしました。 その座席は、飛行機が動いていたときの、まさにそのままの状態、場所に位置しており、この自宅が飛行機であることを感じられます。

他のほとんどの座席は、リビングスペースに持ち出さなければなりませんでしたが、何席かを残すことによって、飛行機内の雰囲気を楽しむことができます。 また、来客者が座ってリラックスするのにも最適な場所です!

洗濯機を忘れないで!

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

もちろん、他のハイテク機器や水道システム同様、彼は、洗濯機を設置することを忘れませんでした。 今まで衛生状態を保つ全てのシステムを導入しているので、他の人と同じように洗濯ができない理由などはありません。 航空機の内部には、水道に接続された独自のトップローダー洗濯機が設置されています。

彼にとって洗濯は、面倒であると心配する必要はなく、常に来客者に備えて、身なりに気を遣っていました。 ここまで完璧に設置するのに、少し想像力を働かせる必要がありましたが、キャンベルが達成できなかったものはありませんでした。

飛行機は、損傷から守るのに役立つ

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

キャンベルによると、鉄筋で作られた飛行機に住んでいる主な利点の1つは、木造住宅のように、建物に損傷を追っても、それが悪化する心配をする必要がないことです。 彼は「Business Insider」に次のように語っています。 「木造は、私の見解からすると、ひどい建築材料です。なぜなら、それはシロアリと微生物の恰好の餌食だからです。 もしくは、ただの薪です。 必ずどちらかが原因となって悲劇をもたらします。」

彼は、ただ単純に飛行機のような頑丈な構造物を、分解して家にしただけでなく、損傷または破壊されるリスクが、はるかに高い家を建てることを良いと思っていなかったのです。

彼は、非論理的な意見は認めない

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

彼は、訪問者が来て、自分の家を見せながら、質問に答えるのは大好きですが、あまり好ましいと思っていないこともいくつかあります。 たとえば、”森で墜落した飛行機を見つけた時、復元するかどうか?”という質問を、人々が尋ねる事を彼は嫌います。この質問は、彼にとって非常に屈辱的で、非論理的で、不合理であるので、これらの質問に答える余地すら与えないと彼は言います。

訪問者が来た際の彼の目標は、飛行機を家として持つことの利点を教えることと、彼がそれに費やしたすべての努力を示すことです。 しかし、彼は、飛行機が家として成り立つことを理解するのは、なかなか普通の人には難しいだろうと言います。

生活状況を変える

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

キャンベルは、自宅を誇りに思ってはいますが、実際はそこに一年中住んでいるわけではありません。 彼はボーイング727に、1年のうち6か月しか住んでいないのです。 彼は景色の変化を楽むことが好きなので、年の後半は、オレゴンとは少し異なる日本に住んでいるのでです!

日本に住んでいる間も、キャンベルは他のさまざまなプロジェクトに取り組む時間と場所があり、飛行機で働くのと同じくらい忙しくしています! 日本にいる間、彼は好奇心を満たすために、できる限りの事を行動し、考えています。

ラウンド2

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

どうやらキャンベルは、新たにまた別の家を作ることを計画しています。 ただ今回は、さらに大きな飛行機であるボーイング747を使用して、日本でもう1台作る予定です。 彼は日本にいるときに飛行機の家が恋しいので、オレゴンにいない間、飛行機の家を別の場所に作るかもしれないと思いました。

彼は、オレゴンにある飛行機の自宅で、多くの成功を収めたことで、彼のメッセージを世界に広めるのことが出来ていました。その為、太平洋全体で新しいプロジェクトを開始し、何かメッセージを伝えることも可能です。 前に一度やった経験を考えると、もう一度挑戦しても問題ないはずです!

世界を一つの飛行機で変える

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

キャンベルが、飛行機にどれだけの労力を費やしたかを振り返った時、彼は今、自分の人生の目的は、現在の状況とそこに住む人々の世界に変化をもたらすことであると改めて感じています。 彼は、人生の大部分を電気技師として働き、技術の革新も手伝い、どうやって世界をより良い場所にするため、何を変える必要があるかを知っていました。

飛行機をリサイクルすることは、彼の使命であり、彼が恩返しをする完璧な方法だと考えていました。 飛行機を復元し続けるという彼の計画は、彼自身さえの「小さなニッチ」と呼んでいました。

彼だけではない

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

驚くべきことに、古い飛行機を家に転用するのはキャンベルだけではありませんでした。 多くはありませんが、テキサス、プエルトリコ、さらにはオランダなどの地域にもあったのです。 キャンベルのように、他の人々も同じような努力をし、飛行機を自宅にする利点を理解していました。 Aircraft Fleet Recycling AssociationのスポークスマンであるMartin Toddは、「航空機の胴体がさまざまな創造的な方法で、再利用されるのはとても素敵なことだ」と語りました。

ARFAは、今後3年間で1,200から1,800機の航空機が解体され、毎年500から600機が今後20年間廃止されると述べました。これらはすべて、何も問題がなければ家として使用できます。

なぜオレゴン?

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

キャンベルは、いくつかの理由から、オレゴン州ヒルズボロの森に飛行機を設置することをを選びました。その理由の1つは、1970年代に彼がオレゴンで大学を卒業した後、そこで仕事を得た後、その場所に恋をしたということです。 彼のウェブサイトでは、「私は、とても環境に優しいこの地域が好きです。オレゴンは独立心があり、私には魅力的に感じました。 これは国全体に言えることで、とても素敵です。 航空機を置くには、十分すぎるほどです。」

彼は、住宅ローンを避けるために、常に家を買うことを先延ばしにしていました。そして、ついに購入すると決めた時には、人と違う方法を取ったのです。 彼は、「私は州単位で考えるのをやめ、自由な鳥のような技術者だと考えていました。」と言います。

翼の上のコンサート

Photo Credits: Pinterest
Photo Credits: Pinterest

キャンベルは、自分がやったことに魅了されている人を家に招くだけでなく、年間を通じていくつかのイベントも開催しています。 6月30日から7月3日まで、彼は東京のボーカリストであるYuko Pomilyをホストとしてイベントを開催しました。 また、彼は他のアーティストにも、これらのユニークなショーに参加するよう招待しています。 コンサートは通常、飛行機の右翼の前の芝生エリアで行われました。

彼は自分のイベントを自分のウェブサイトで宣伝しています。”新しいコンサートオプション:航空宇宙産業のきらめく家の翼からレンダリングされた素晴らしい音楽。もちろん、このコンサートに参加するには、皆さんの安全を確保するために、いくつかのガイドラインや規定がありますので、それに従ってください。また今後開催予定のショーにも目を光らせてください!”と記載されています。

キャンベルは、ボーイング727機を購入し自宅に改造した、美容師のジョアン・ユサリーに感化されました。 彼女の飛行機がどのようになっているのか、次からを見て見ましょう!

困難から考えついたジョアンのアイデア

Getty Images
Getty Images

1994年、ジョアン・ユセリーはミシシッピ州に住む52歳のヘアスタイリストでした。 彼女の家は焼けたばかりで、彼女は住むための新しい家を必要としていました。ジョアンは、住む場所として、配達トレーラーを購入するのがいいのではないかと、湖の近くの土地のプロット図を検討していました。

ユセリーは、彼女の家族にトレーラーを購入する計画を伝え、価格帯見ながら何かいいものがないか探し始めました。 しかし、彼女の義理の兄弟は、ユセリーにいくらかお金を節約し、別の方法で何か楽しい経験をしないか、という別の方法を提案しました。

ボーイング727を家に変えることは出来たのか?

Getty Images
Getty Images

彼女の義理の兄弟、ボブ・ファローは航空管制官でした。 ユセリーがトレーラーを探していると彼に言ったとき、彼は廃棄になった飛行機が同じ目的に使用できるのではないかと思ったのです。 ユセリーは、このチャンスに飛びつきました。

ファローは、1968年5月11日から1993年9月20日まで運航したボーイング727機を見つけました。 その飛行機は、テネシー州に保管されていたため、ミシシッピ州の湖の側の移送するため、引っ越し会社と不動産に4,000ドルを支払いました。

電気・ガス・水道の追加

Getty Images
Getty Images

ジョアン・ユセリーのボーイング727がミシシッピ州の彼女の土地に到着すると同時に、そこを住みやすい空間に変える必要がありました。 それは、水道と電気を追加することを意味しました。 彼女は、早速レイアウトを設計し始めました。

ユセリーは、このスペースを使用して、3つのベッドルーム、リビングルーム、キッチン、洗濯をするスペース、マスターバスルームを設置することができました。 コックピットには、ジャグジーバスでもあります! 最初、彼女の友達は、彼女のことを少しおかしいと思いました。 しかし、彼女がボーイング727に対して工夫を施したのを見ると、彼らはすぐに考えを変えたのです。

家の中の全ての設備

Getty Images
Getty Images

ボーイング727が到着すると、ユーセリーは合計6,000ドルを費やしました。 飛行機の内部を改造する費用は、合計で25,000ドルにもなりました。 ユーセリーは、「飛行機は27歳で、世界で最高の家です。電話、エアコン、オーブン、洗濯機、食器洗い機など、家に必要なものがすべて揃っています。」

彼女は必要なものすべてを揃えたことを確認したので、今後何年もの間に渡って、快適に過ごすことができます。 改修が完了するまでは、わずか4か月余りでした。

誰からも愛されたボーイング727の家

Getty Images
Getty Images

彼女の友人は、ジェット機を家に変えるという、ユーセリーのアイデアに疑問を抱いていましたが、彼女の家を訪れた瞬間、それは変わりました。 「私の孫は、ここで走り回るのが大好きです。そして、私の友人はここでのパーティーが大好きです。でも、彼らに飲み物を提供する客室乗務員はいないけどね!」とユーセリーは言いました。

ユーセリーは、自宅が焼けて、その経験から強くなり、ユニークな体験に変えました。 彼女はまた、自分自身で改造のほとんどを行ったことに誇りを持っています。

彼女はドナルド・トランプと同じ飛行機を持っていた

Icon Sportswire
Icon Sportswire

ユーセリーは、ゲストを自宅に招待し、アメリカ大統領と同じボーイング727のジェット機を所有していることを自慢します。 彼女は冗談めかして、改修したボーイングの家を「リトルトランプ」と呼びます。 ただし、トランプのコックピットには、ジャグジーはないでしょう!

ユーセリーは、ボーイング727に家具を持ち込んだ後、全てのスペースのレイアウトに満足していました。これは当初、計画していたトレーラーを購入した場合では、この価格帯で得られなかったものです。

異なる飛行機は、異なる価格で提供

Getty Images
Getty Images

ユーセリーは、わずか2,000ドルでボーイング727を購入できましたが、これは購入可能な飛行機の平均コストではありません。 彼女の飛行機は、たくさんの電気工事を必要とし、それを買ったときは、27年前のモデルでありました。

より新しくて、より良いかたちの他の飛行機は、100,000ドル以上になります。 ユーセリーは予算を賢く使いましたが、次回はもっと大きな飛行機が欲しいと言っています。 彼女はVTに、「次回は、ボーイング747ではなく727が欲しい。なぜなら2階建になっており、2階に寝たいから」と答えました。