女の子を望む夫婦に訪れた、思いもしない結末とは

古くから、「その願いは叶う可能性があるから、願う時は注意しよう」といわれています。南カリフォルニアの夫婦、アンジーとジーノは、まさにこの言葉を身をもって知ることになるのです。この夫婦は、2人の息子と幸せで健康的な生活を送っていました。家族はとっても幸せでしたが、アンジーとジーノは、どこか何かが欠けているようにいつも感じていました。そう、夫婦は女の子が欲しかったのです。しかし、この願いは、アンジーとジーノ、2人の人生を大きくひっくり返すことになるのです!

親になることを夢見ていた、アンジーとジーノ

Facebook
Facebook

アンジーやジーノのように、親になるために生まれてきたような人たちがいます。2人は結婚てすぐに家族を作りたいと思っていたのです。彼らは、最初から子どもが欲しいと強く思っており、幸せな家庭を築く事を待ちきれませんでした。

そして望み通り、すぐに夫婦は第一子を授かりました。健康的な男の子です。そして、2年もしないうちに、また子ども授かり、あっという間に幸せの家族の絶頂を迎えたのです。

2人の息子と、幸せに健康に暮らしていたアンジーとジーノ

Facebook
Facebook

始めから、親であることに大きなプライドを感じていたアンジーとジーノ。息子が成長して、節目を迎えていく姿を目にして楽しんでいました。親として、幸せで健康な子どもたちと生活して、小さな優しい人間に成長していくのを見ることはかけがえのないことです。

家族に女の子を迎えたかったアンジーとジーノ

wanted to add a girl
Facebook
Facebook

すでに、健康で幸せな2人の男の子を抱えていた、アンジーとジーノ。南カリフォルニアでも不自由のない生活を送っていたものの、夫婦は何かが欠けているように感じていました。もちろん、2人は自分たちの家族に感謝しています。しかし、女の子を家族に迎えれば、さらに楽しくなると感じていました。

夫婦は、毎日娘を授かるように願いました。そして、ある日、妊娠検査を受けることにしたのです。

女の子!

YouTube
YouTube

再び妊娠したとわかって、アンジーは有頂天でした。3人目の子どもが男の子か女の子かわかるのが待ちきれない夫婦。もちろん、どんな子供でも家族に加わることはうれしいですが、心の底では女の子であってほしいと願っていました。

性別がわかるときになって、看護師は夫婦の方を向いてこう言いました。「女の子ですよ!」

女の子…しかも3人!

YouTube
YouTube

アンジーが女の子を妊娠しているとわかり大喜びの、アンジーとジーノ。しかし、医師が超音波を確認すると、興奮から衝撃の表情になりました。

アンジーが妊娠していたのは、1人の女の子だけではありませんでした。3人の女の子だったのです。三つ子の妊娠です。夫婦は、超音波検査で見たものが信じられませんでした。

赤ちゃん3人に胎盤2つ

YouTube
YouTube

アンジーとジーノは、女の子1人だけでなく、3人も妊娠していることに驚きを隠せません。そして、物事はさらに不思議な展開を見せ始めます。

アンジーの医師が超音波検査を行うと、アンジーには2つの胎盤があることがわかりました。つまり、2人は1つの胎盤を共有しており、一つの卵子が分裂してできた子たちで、一卵性です。一方、3人目の赤ちゃんは、全く別の卵子からできた赤ちゃんだとわかりました。

珍しい妊娠

YouTube
YouTube

アンジーとジーノは、自分達の願いが3倍になって返ってくるとは思いもよりませんでした。しかも、三つ子のうち2人だけが一卵性双生児とあっては、ますます不思議な状況です。

アンジーは自然妊娠です。その為、この状況はかなり稀なことなのです。三つ子を妊娠する可能性は、4,000回に1回。そして、そのうち2人が一卵性双生児という可能性は、かなりの奇跡なのです。

出来るだけの準備を進めた2人

YouTube
YouTube

アンジーとジーノは、家族が増えることに興奮していましたが、これから起こり得ることに全て向き合っていかなくてはいけません。自分達の人生が大きく変わろうしていることは分かっていましたが、きちんと行動に起こせるかが問題なのです。

夫婦は、乳母を雇って、ミニバンを購入して、支援を求めて家族や友人に連絡を取りました。2人とも仕事をしていたため、会社とも相談し、柔軟に仕事をできるように準備を進めました。

リスクの高い妊娠

アンジーが三つ子を身ごもったことで、妊娠はハイリスクだと考えられました。妊娠初期に、デイシュマン医師は、先の男の子を2人を妊娠した時とは状況がかなり異なるということをアンジーに話しています。

アンジーもジーノも困難が起こりえるということは頭の片隅では理解していましたが、これから起ころうとしていることにまだ準備ができていなかったのです。

深刻な問題に苦しめられたアンジー

三つ子を妊娠して26週目、深刻な問題に悩まされたアンジー。アンジーにとても生まれてくる子どもにとっても、潜在的な危険となり得る状況でした。

シャープヘルスケアとのインタビューで、アンジーは次のように話しています。「赤ちゃんBの羊水が少なく、逆に赤ちゃんCの羊水は少し多すぎたんです。」 子宮内にいる際には、羊水の量が重要です。その為、アンジーと医師はすぐに行動を起こさなくていけませんでした。

病院生活のアンジー

羊水量の差異は、2人の赤ちゃんにとって深刻なリスクをはらんでいました。羊水量が多すぎたり低すぎたりすると、脳出血や肺の未発達などを持って生まれてくる可能性があったのです。

つまり、アンジーが普段の生活を送ることなど問題外でした。赤ちゃんと三つ子の安全を確保するために、デイシュマン医師は、残りの妊娠期間、アンジーが病院で過ごす必要があると結論付けます。

自分の生活を犠牲にしたアンジー

当然、アンジーはショックを受けます。「思わず聞いちゃった。『今すぐですか?』って。」とシャープヘルスケアとのインタビューで答えています。

岐路に立たされていたアンジー。もちろん、赤ちゃんの安全を確保するために、出来るだけのことを行う準備はできていました。しかし、妊娠26週目の今からとなるとかなり長い時間の病院生活となります。家には子どもがいるため、常に一緒にいてあげることが出来ないことにアンジーは苦しんでいました。

どうにかやりくりした家族

26週目で病院に入院することは、アンジーにとって辛いことでした。ベッドで休んでいなくてはいけないことに加え、快適な自分の家にいるわけでもありません。さらに最悪なことに、ジーノとも2人の息子とも離れ離れです。

しかし、この家族は家族を一番に考えていました。家族が成長するために必要なことを理解していたのです。毎日、ジーノと息子はママをたずねました。家ではないにしても、一緒にいることはできます。

快適な病院

病院に入院したアンジーは、家という考えが変わってきました。一時的とはいえ、今の家は病院です。家らしく感じられるように、アンジーとジーノは出来るだけのことをします。

特に看護師たちは、アンジーと他の多くの母親が経験してきたような彼女の境遇に共感しました。「普通のものすべて奪われてしまったような状況だったんです。」シャープヘルスケアとのインタビューにこう話すのは、看護師のトニー・ヒックスです。「だから、『辛いですよね』と私たちが理解を言葉にすることは、患者にとって大きな意味があるのです。」

デートナイト

アンジーの立場になって考えてみてください。ハイリスクの妊娠であるだけでなく、家をでて数週間病院にいなくてはいけません。最も最悪なのは、毎週数時間の面会時間以外は、家族と離れ離れということです。

これがアンジーとジーノの現実でしたが、アンジーの気分が落ち込まないように、出来る限りのことを行おうと決意していた2人。このために、すこしクリエイティブなアイディアを考えつきました。お気に入りのアクティビティーの一つは、病院内での「デート」です。「家にいたときは出来なかったデートナイトね。」と、病院の部屋でディナーを楽しんでいた際、アンジーはそう話します。

新生児特定集中治療室のツアー

三つ子を妊娠している場合、子どもが生まれた際の詳細な出産計画を持っていることが必要です。アンジーの医療チームは。アンジーとアンジーの赤ちゃんの健康に関して万全を期していましたが、未熟児で生まれた赤ちゃんが、新生児特定集中治療室に送られる可能性は十分にありました。

そのため、アンジーの出産予定日の前に、アンジーとジーノは新生児特定集中治療室のツアーを受けて、自分達のいく先にどんなことが起こっても、準備できているようにしました。

力をもらったように感じたアンジー

自分の赤ちゃんが新生児特定集中治療室に運ばれることを想像したい妊婦はいません。しかし、アンジーはツアー中もその後も、ポジティブでいました。アンジーにとって、新生児特定集中治療室を見て、詳細な出産計画を立てることで、コントロールがとれているように感じることが出来たのです。

「色んな話を聞くの。生き延びれなかった三つ子の話ね。特に、一卵性庄双生児のほう。片方がもう片方を吸収するなんていうね。」と、話すアンジー。「新生児特定集中治療室が悲しい場所だとは思わないの。力を与えてくれる場所よ。」

子宮で適切に成長していなかった赤ちゃんB

妊娠中、アンジーとメディカルチームは、毎日赤ちゃんをチェックしていました。超音波検査のルーティーンの際、赤ちゃんA、Cに比べると、赤ちゃんBは小さいということがわかります。

赤ちゃんBとCが同じ胎盤を共有しているということを考えれば珍しいことではありませんが、チームが注意してみておかなければいけない点です。

34週を目標に

アンジーが病院に入院している間、アンジーもと彼女の医療チームは一つの目標を抱いていました。34週まで持ちこたえさせる、ということです。34週目まで踏ん張れば、三つ子は子宮の中で成長する十分な時間があります。

もし三つ子が34週前に生まれてきてしまったら、未熟児ということで問題が複雑化するリスクがかなり高まります。

一日を大切に

angie-c-section-80427
YouTube
YouTube

妊娠30週目以上を超えたアンジーにできることは、1日1日を生きることのみです。新しい家族に出会えることは待ち遠しいですが、長く子宮に留まれば留まるほど、成長する時間を稼げます。しかし、この時点では何が起こってもおかしくはありませんでした。

「今から子どもが生まれるまで、何が起こってもおかしくないの。」とシャープヘルスケアとのインタビューで話すアンジー。「コントロールできないような陣痛が起こるかもしれない。帝王切開をする必要があるかもしれない。私たちにとって、何週間目か数えることはできないの。今は一日一日を数えるだけ。」

ショータイム

アンジーと彼女の医療チームは、34週まで持ちこたえるよう願っていましたが、運命には別の計画があったようです。32週間と1日目、アンジーが産気づきます。夫婦は意を決して、待ち構えているものに心構えをします。

「今晩、3つの星が生まれるんだ。」、と話すジーノ。「ここから頑張らないとね。」と、車いすに乗って分娩室に向かうアンジーが付け加えます。

お誕生日おめでとう!

taking-it-day-by-day-38138

気づくとアンジーの子宮口が拡張して、赤ちゃんたちはいつ生まれてもおかしくありません。安全問題のために、アンジーの医療チームは、アンジーと三つ子のためには帝王切開が最善策であるという決断に至ります。

医療チームは準備を行い、アンジーの帝王切開が始まります。一人一人、重さ1.8キロの3人の赤ちゃんを取り出しました。三つ子は、ダニエラ、アナベラ、カミラと名付けられます。

1人1人に高度生命維持チーム

アンジーの医療チームは、早めに出産することを予期していたため、準備は整っていました。ダニエラ、アナベラ、カミラは小さかったため、生まれてからは健康状態を確保するために、1人1人に生命維持チームがつきました。

赤ちゃんが生まれるとすぐに、手術室のの隣の部屋の窓から移動させられました。ここで、新生児特定集中治療室に送られる前に、検査を行い、安定させ、呼吸ができるようにします。

娘に会うことが出来ないアンジー

9カ月の妊娠と何時間にも及ぶ出産のあとには、わが子を抱くことほど母親が望むことはありません。アンジーは事前に出産計画を立てていましたが、生まれたあとすぐにわが子を目にすることが出来ないのは辛いことでした。

生まれた女の子は小さすぎたため、すぐに新生児特定集中治療室に送る必要がありました。子どもを抱くことが出来ずに悲しかったアンジーですが、赤ちゃんが必要な治療を受けていると知り安心します。

呼吸が簡単とは限らない

ダニエラ、アナベラ、カミラが生まれた時、どの子も1.8キロ以下でした。小さかったために、肺がきちんと発達していません。これによって、呼吸が困難な状態だったのです。

幸いにも、アンジーの医療チームはこのようなシナリオへの準備ができていました。すぐに行動を起こして、三つ子の肺が開いているようにして、CPAPで酸素がを確保します。三つ子はしっかりとケアされてはいましたが、何もできず横から見守るアンジーとジーノには辛い経験でした。

安定させる

一時、赤ちゃんの酸素レベルは55パーセントまで落ちましたが、アンジーの医療チームはこれにもすでに準備をしていました。肺を開くための圧力が必要だったため、看護師と医師はCPAPを使用します。

一方、アンジーは自分の赤ちゃんをデジカメで見ることが出来ました。自分の腕に抱くこととはわけが違いますが、今はこれしかできません。

24時間つきっきりで赤ちゃんの世話をする看護師たち

ダニエラ、アナベラ、カミラは新生児特定集中治療室にいるため、24時間体制で看護師が世話をしてくれます。この子たちはとても小さく、他の合併症を発症しやすいということをみんなが肝に銘じしている必要がありました。

お世話に当たっていた看護師のひとりであるアリーナ・ハーパーは、次のように語っています。「子どもが生まれたのに引き離されてしまう親には共感します。」

状態が安定した三つ子

帝王切開でダニエラ、アナベラ、カミラが生まれてから数時間後、状態は改善してきました。合併症を回避するためにも、新生児特定集中治療室に残る必要がありましたが、状態は改善し、自分で呼吸ができるようになります。

まだ家に帰ることはできませんが、一つできることがあります…パパとママに会うことです!

理解し始めた現実

アンジーとジーノにとって目まぐるしい一日だったこの日。何週間も病院で過ごして、やっとこの日が来たのです。しかし、娘たちは新生児特定集中治療室にいるため、現実ように感じられません。まだ子どもたちを胸に抱くこともできていないのです。

しかし、医療チームがアンジーとジーノに、ダニエラ、アナベラ、カミラが安定したという最新情報を伝えると、いよいよ現実味を帯びてきました。赤ちゃんに対面する時が近づいています。

娘たちに一刻も早く会ってほしかった新生児特定集中治療室のスタッフ

新生児特定集中治療室の看護師は、日々センチメンタルな状況に直面します。むき出しの愛情を見せる親のそばにいることで、親とその子どもたちと感情的な絆を形成することはよくあることです。新生児特定集中治療室で三つ子をお世話した看護師は、まさにこのような状況でした。アンジーとジーノが赤ちゃんたちとやっと対面できることに、看護師たちもワクワクしていたのです。

「お母さんと赤ちゃんの初めの体面を見るのが好きなんです。」と看護師のアリーナ・ハーパーは話します。「いつも楽しみにしているんですよ。私たちが立ち会うことが出来る親子の瞬間です。」

アンジーとジーノが娘に新生児特定集中治療室で出会う準備は万端

帝王切開から回復しようとしているアンジーには長い道のりが待ち受けていたものの、状態は悪くありませんでした。アンジーも娘たちも安定していて、やっと対面できることになります。

看護師たちは、車いすでアンジーを新生児特定集中治療室まで連れていきました。ジーノはアンジーと看護師の横を歩き、2人は興奮を抑えることが出来ません。待ちに待った3人の天使にこれから対面するのです。

赤ちゃんたちに遂に対面

遂に、アンジーとジーノは新生児特定集中治療室に行きつきました。看護師は、アンジーを赤ちゃんを監視している離れたエリアへ連れていきます。やっと、アンジーとジーノはダニエラ、アナベラ、カミラにきちんと対面することが出来たのです。

看護師がアンジーに赤ちゃんのひとりを渡すと、アンジーは信じられない、といった様子でした。幸せがこみあげてきて、涙を流さずにはいられません。夫の方を向いて、アンジーはこう言いました。「正しい決断だったね。」

遂に再会

アンジーが赤ちゃんたちと引き離されていたのは、ほんの数時間の間ですが、それよりもずっと長く感じられました。「数時間しか離れていなかったのに、もう会いたくなったんです。」と、アンジーは話します。「再会できて本当にうれしい。」

看護師は一人一人優しく抱きかかけて、アンジーは赤ちゃんを抱っこします。抱きかかえて、眠りにつくようになだめると声を出す赤ちゃんの姿に、アンジーは喜びを抑えられません。

パパとの出会い

女の子たちに会うことを心待ちにしていたのは、ママだけではありません。それはパパも同じ!アンジーの横で、ジーノは、ダニエラ、アナベラ、カミラを順番にだっこします。看護師さんは、娘一人一人をジーノのシャツの中に入れて、肌と肌の触れ合いができるようにしてくれました。

未熟児の赤ちゃんにとって、肌と肌のふれあいにはメリットがあります。このようなふれあいの際に、体は天然の保育器の役割を果たして、赤ちゃんのニーズに合わせて体温を調節します。

パパとの特別な瞬間

生まれたての赤ちゃんは、誕生後すぐに目を開けることがあまりありません。しかし、パパの胸に抱かれたアナベラは、目を開いてパパの顔を見上げようとしたのです。ジーノが話しかけると、言っていることを聞こうと一生懸命頑張っているかのごとく、目は口の動きを追っていました。

「見てよ、目を開けたよ。僕の話を聞いてる。」ジーノは言いました。「これはなんて美しい感情なんだろう。」

成長する三つ子

新生児特定集中治療室でに数週間後、三つ子は安定して遂にお家へ帰れることになりました。妊娠中にアンジーが数週間を病院で過ごし、それから三つ子が新生児特定集中治療室でさらに数週間を過ごし、遂にこの小さな赤ちゃんを家に連れて帰る日がやってきたのです。

様々なことを乗り越え、家族は充足したように感じていました!女の子たちは成長して、それぞれ性格が出てくるようになります。

6歳になる三つ子

新生児特定集中治療室でアンジーとジーノが子どもたちを抱いたのが昨日のことのように感じられます。あっという間に時は過ぎ、三つ子ちゃんたちの6歳の誕生日!

まだ三つ子を妊娠していなかった2010年と比べると、たくさんのことが変わりました。病院で寝たきりの時は何年にも感じられたのに、三つ子が生まれてからの6年はまさに一瞬。

5人の子どもで大忙しなアンジーとジーノ

親になることは簡単ではありません。5人の子どもを抱え、そのうち3人が三つ子となれば、もちろん大変ですよね。しかし、アンジーとジーノはそれを可能にしたんです。家族を第一に考えるという彼らのコミットメントにより、幸せで健康な生活を子どもたちに送らせることを可能にするために、アンジーとジーノは出来る限りのことを行っています。

2人は簡単にこなしているように見えますが、5人の子どもを育てるのは簡単なことではないんですよ!

幸せで健康な7人家族!

7年前、家族をより充足させるために女の子の誕生を願っていた、アンジーとジーノ。あっという間に願いは叶えられ、結果は望んだ以上のものでした。

今では、幸せで健康な4人家族ではありません。幸せで健康な7人家族です。5人とも年齢が近いため忙しい日々ですが、この生活が一番です。アンジーとジーノにとって、この生活は「楽しいカオス」なのです。

時に最大の願いも叶う

三つ子がお兄ちゃんたちと成長しているところを見ると、子どもが生まれる前の生活はもう想像できません。2人の男の子と3人の女の子で、アンジーもジーノも手一杯。しかし、この生活が一番です。女の子を願い、望んだ以上のものを得ました。そして、2人はそのことに感謝しています!

アンジーはこう話します。「この子たちが生まれてきたときは、本当に夢がかなった瞬間だったわ。」