人の手から逃げ回る野良犬のプードル?そこには心が痛む理由があった

どんなペットも温かい家庭に迎え入れられ、愛されるべきだ。しかし残念ながら、すべてのペットがそのように恵まれた環境にいるわけではなく、かつては人に飼われていたネコやイヌも捨てられ、生きるためにあてもなく辺りをうろついている光景も珍しくはない。ヤンキーという名のプードルは、こうした可哀想なペットと同じ状況だった。ロサンゼルスの街をさまようヤンキーは、地元の人達によく目撃されていたものの、捕まえようとすると嫌がって、どうしても路地から出てこようとしないのだった。ヤンキーに何があったのか。

プードルのヤンキー、ロサンゼルスの野良犬

Yankee the Poodle
Hope for Paws / YouTube
Hope for Paws / YouTube

プードルのヤンキーは、カリフォルニア州ロサンゼルスに住みついていた。誰も、ヤンキーがどのくらいの間この辺りに住みついていたのか分からなかったが、地元の人達によると、ここしばらくの間うろついているのを目撃されているということだった。

毎日飲み水や食べ物を探してウロウロと歩き回った後、安全だと思われる路地に帰っていくヤンキーだが、自分で何とか生きていくのは明らかに難しそうだった。