アニマルキングダムで生き抜く動物たちのそれぞれの体重

今までに人を見かけで判断するなと言われたことはありますか?この言葉は、これからご紹介する動物たちにも当てはまるかもしれません。

動物にも人と同じように、いろいろな形や大きさがあります。しかし、動物の中には、見た目に反して物凄い重かったり、その逆もしかりなのです。体重は、その動物の生存率を決定し、食生活、遺伝的構造、環境、進化に基づいています。動物たちの中で、どの動物が一番重いと言われているのか、どの動物が一番小さいと言われているのか、なんだか気になってきませんか?

アナコンダは、大人6人分?

A yellow anaconda wrapped in itself on the grass
Photo by: Hal Beral /VW Pics/Universal Images Group via Getty Images
Photo by: Hal Beral /VW Pics/Universal Images Group via Getty Images

オオアナコンダは、世界で最も重いヘビで、重さは226kgにもなります。長さは10mほどにもなります。これは、私たち大人約6人分近くにもなります。

アナコンダは、人間も食べてしまうので、子供と一緒に万が一このヘビを見つけても長さを測ろうとしないでください。彼らは、獲物を息ができなくなるまで絞めてきます。その後、丸ごと飲み込んで食べてしまうのです。