そこまでやる?アメリカのハロウィーンコスチュームをご紹介

近年、ハロウィーンは単に、オバケや魔女、悪魔などの気味の悪いものがたくさんあるイベントであるばかりでなく、商業的に大きな儲けを生み出すものでもある。アメリカの民放テレビ局CNBCによると、2017年9月には、ハロウィーンに91億ドル(9,738億円)が使われており、このうち、34億ドル(3,638億円)がコスチュームに費やされていると推定されている。消費者は平均してコスチュームに86.13ドル(9,217円)かけており、事実、友人達も同じくらいかけてコスチュームを用意していることだろう。

親友が主催するハロウィーンパーティーで、セクシーな婦人警官に変装しようにも、他の人と被ってしまうかも、と考えるだけで辟易してしまうのであれば、自分でユニークなコスチュームを手作りしてみるのもいいかもしれない。ここでご紹介するのは、ハロウィーンが大好きで、パーティーに来た人達が、今後何年も話題にするようなコスチュームの作り方を知っている人達だ。なかでも、自分の体を真っ二つにしてしまったコスチュームは、必見だ。

シェフのコスチュームとして認定されてもおかしくないコスチューム

この男性は、大好きなアニメへの愛を、独創的なコスチュームで見せる、簡単な方法を思いついた。帽子にねずみのおもちゃが入っているのか、それとも切り抜きを中に入れて、照明で投影させているだけなのかは分からないが、とにかくこのデザインは秀逸だ。

ユニークなハロウィーンのコスチュームについて一つ分かったことがあるとすれば、それは、コスチュームをどうやって作ったのか、他の人が頭を悩ませれば悩ませるようなものであるほど、ハロウィーンをより楽しめるということだ。このコスチュームは全世界、少なくとも、パリ中のシェフの公式コスチュームになってもおかしくはない。

海底にいる恐ろしい深海魚

このアンコウは、注目に値する。アンコウと言えば、海底の暗闇でじっと待ち伏せ、頭の上で揺れる光に誘われて近づく餌を捕獲する魚だ。光に近づき、身の危険を感じたときには、時すでに遅し、アンコウの餌食になってしまう。

この女性らは、アンコウの恐ろしさを、電球をうまく利用してリアルに見せている。これもすごいが、もっとクリエイティブで、手の込んだハロウィーンの手作りコスチュームをご紹介しよう。

3Dプリンターで作った顔で、悪夢までクリエイティブに

3D-Printed-Face-Costume-for-Halloween-73855.jpg

この男性は、狂った連続殺人犯に、顔の皮を剥がされてしまったかのように見せるマスクを被りたかったのだが、化粧でそのように見せるだけでなく、さらに手をかけることにしたようだ。なんとこのハロウィーンのコスチュームのために、3Dプリンターを使って、自身の顔のレプリカを作ったのだ。

ハロウィーンの間中、この小道具を持ち歩かなければならないが、それでも彼のコスチュームはこれまでに見てきた中でもかなりユニークだ。ただ残念ながら、このコスチュームを真似するには、3Dプリンターを買うか借りるかしなければならないため、値は張るだろう。

ハロウィーンの戦いに勝利したコスチューム

子どもの頃に、こんな緑の兵隊のおもちゃで遊んだことはないだろうか?手足は動かせず、既にポーズが決まっていたが、平らな場所に布陣し、戦略を頭の中に思い描きながら遊んだことだろう。この小さな緑の兵隊は時代を超えて愛され続けており、未だにセットで購入することができる。

このオフィスパーティーでは、コスチュームコンテストで入賞できるよう、友人らが集まって仮装し、盛り上げた。このグループでのコスチュームをリアルに見せるために必要なのは、緑地のジャンプスーツや服だけだ。このコスチュームで夜通し歩いて回ることはできないだろうが、オフィスパーティーでは最高のコスチュームになることだろう。

ハロウィーンにアップルストアを歩き回るこの男性、もちろん従業員ではない

仮装する対象となる人に、完全に似せるコスチュームを作るのもいいが、この男性のアプローチは、完全に他とは一線を画している。彼は、スティーブ・ジョブズとまったく同じ服を着て、ハロウィーンの当日に、アップルストアをただ歩き回ったのだ。

アップル社のファンらは、この完璧なコスチュームに感銘を受けただろうが、おそらくこの男性と張り合いたいとは思わないだろう。最高レベルのコスチュームだけでなく、iPhoneを片手にアップルストアを歩き回ることで、あたかも大衆にスティーブ・ジョブズだと信じさせるなんて。ここまでやってこそハロウィンだ!

今や、ストックフォトはどこにでも…

この男性は、素材写真で使われるモチーフにぴったりだ。スーツを着たアジア系の男性が笑顔で白人と握手している写真を、フリー素材などでこれまでに何度見たことがあるだろうか。素材写真には、人種の多様性が好まれる。

そして、このコスチュームの準備は簡単だ。単に素材写真を拡大して、男性の顔の部分をくり抜き、写真を体に貼り付けるだけだ。彼はハロウィーンの間中、写真のようにニコニコとしていなければならないが、どこへ行ってもおそらく誰も真似しないだろう。しかし、独創的かつユニークなこのコスチュームを見せびらかすだけの価値はあるだろう。

「指示は具体的に」賞をもらった女性

もしオフィスでハロウィーンパーティーをするのに、グループで一緒に何かの仮装を、と考えているのなら、具体的な指示は不可欠だ。この写真の人々は皆が「ドミノ」のように仮装してくること、と言われていた。が、一番右端の女性はペパロニピザのようなコスチュームを着てきたのだ。

彼女は、おそらくドミノピザでもペパロニピザが好きなのだろう。おそらく会社からのメールは「Dominoes」であって、「Dominos」ではなかったはずだと、スペルについてコメントする人も中にはいるだろうが、ここではそんなコメントは無視して、彼女が大勢の中で目立ってしまうことを想像して、楽しもう。

アマゾン・オプティマスプライム

アマゾンプライムがオプティマスプライム(コンボイ)と合体?!トランスフォーマーは偉大で、幾度となく、人類を絶体絶命の危機から救ってくれた。アマゾンプライムは、1時間ほどで注文したものを配送してくれるサービスだ。

この2つには関連性がある、と思う。史上最高の小売配送サービスと、今世紀最高のアニメを祝うのに、これ以上良い方法があるだろうか?エイリアンがあなたの街を破壊しようとしているって?アマゾンプライムなら、オプティマスプライムを一瞬のうちに自宅に配送してくれる。

史上最高にかわいいウギー・ブギー

ハロウィーンに「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」が欠かせないというのであれば、じゃがいもの麻袋と太くて黒い糸を用意して、こんなコスチュームを作ろう。ウギー・ブギーは、ティム・バートンの原作では、本当に嫌な悪いやつだが、ここでは可愛い小さな子どもがその役になりすましている。

これはおそらく、かつて誰かがしたコスチュームを真似たものだろう。ここでご紹介するコスチュームの中では、独創的だとは言えないが、小さな子どもに一から手作りしたコスチュームを着せているこの写真は、可愛すぎるコスチュームの一例として載せざるを得なかった。

発光するクラゲ?これはお見事!

私たちが好きなハロウィーンのコスチュームは、何か特定の物を使って、それをうまく機能させることで生まれるようだ。この女性が作成したクラゲのコスチュームは、昼間に見ると、よくあるコスチュームのようだが、暗くなると突然変化する。

これはナイトクラブやブラックライト・パーティーでは非常にウケるだろう。最近ではLEDのライトのおかげで、一晩中照明をつけていられる電池パックと照明を、衣装に搭載することが簡単になった。私たちはこのコスチュームの光り方や、暗闇でのみ現れる細部へのこだわりがとても気に入っている。

凍結されていたウォルト・ディズニー、よみがえる

ウォルト・ディズニーは死後、液体窒素を使って自身を冷凍保存させたという古い都市伝説がある。どうやら、未来技術によっていつか生き返り、年老いたままではあるが、より長い人生を健康に過ごせると信じていたのだという。

これは実話ではないが、この男性は、素晴らしいハロウィーンコスチュームを使って、この都市伝説を蘇らせたかったのだろう。コスチュームに凍結したミッキーマウスを加えたのも、少し気味が悪いが、この凍結したウォルト・ディズニーのコスチュームに合っていて、とてもいい感じだ。

みんなが最も恐れるハロウィーンコスチューム

怖そうなモンスターの顔?バッテリーの残量不足とWi-Fi利用不可を示す、このコスチュームを着たカップルに比べたら、モンスターなんてなんでもない。カップルは不気味な死者のように見せているが、実際に彼らの周りで死んでいるのはテクノロジーだけだ。あなたが50歳以下で、仕事や生活において携帯電話やタブレット、パソコンに依存している限り、この手のコスチュームはこの先何年も悪夢となるだろう。

私たちの独断と偏見によって、現代社会を風刺したハロウィーンコスチュームには、ボーナスポイントを追加することにした。これはシンプルなコスチュームではあるものの、私たちがユニークなハロウィーンのコスチュームを検索してみたところ、他では見つけることができなかった点においても、独創的だと言える。

検討してみよう…赤ちゃんの大統領!

halloween-costume-ideas-president

現在、誰か他の人が政権を取ればいいのに、と思うことはあるだろうか?次の投票では、赤ちゃん大統領に票を投じていただきたい。母親が護衛官であるために、この大統領がゴルフをしにホワイトハウスを抜け出そうとするのは難しいことだろう。「大統領」の護衛は置いておいて、この可愛らしい赤ちゃんが交渉をするのであれば、誰もが平和条約を締結したくなるだろう。

もし、子どものために抱っこひもをまだ使っているのであれば、こんなハロウィーンのコスチュームをお勧めしたい。赤ちゃんを抱っこ、またはおんぶしているからといって、ハロウィーンのコスチュームを着れないなんてことがないようにしよう。

正式な謝罪

既に述べたように、私たちはダジャレを使ったハロウィーンのコスチュームが好きだ。そして、この男性のコスチュームもそれにぴったりだ。彼は正装して、ネクタイに「ごめんなさい」と書いた。

つまり、彼は「正式な謝罪」そのものなのだ。もしかしたら、彼自身誰かに謝りたいのかもしれないし、ハロウィーン当日に外出先のパーティーで、何かしでかしてしまうような気がしたのかもしれない。いずれにせよ、私たちはこの正式な謝罪を受け入れよう。そして、彼がその日にやらかしてしまった相手も、この正式な謝罪を受け入れてくれるといいのだが。

少しばかりの日曜大工で、テレビの人気キャラクターに

自分達の手を使って作成するコスチュームは素晴らしいものだ。例に洩れず、この写真の男性もそうだ。ネルシャツを着て、フェンスで顔を隠し、人気テレビ番組「ホーム・インプルーブメント」に出てくる隣人のウィルソンに扮している。

確かに、ハロウィーンに持ち歩くことのできるミニフェンスを作るなんて考えもしなかった。俳優のアール・ハインドマンは2003年に逝去したが、彼の演じたキャラクターはなおも人気だ。さて、ハロウィーンパーティーでは、誰もこの男性の顔を見る機会がありませんように。次にご紹介するコスチュームをご覧いただきたい。それは、コスチュームは店で買うもの、というあなたの考えを変えるに違いない。

燃えている女性!!

可哀想なサムスン。サムスン社はこれまでに何十億台ものスマートフォンを販売してきたが、過去から逃れることはできない。とりわけ、デバイスの発火はとっても危険だ。この女性の仮装は、発火したギャラクシーノートが、まさに燃えているといったところだ。

それぞれサムスンのデバイスに、消火器でも付いていればよかったのに!同社の新しいスマートフォンは評価が高いようだが、このデバイスだって、航空会社に機内持ち込みを禁止されるまでは高い評価を受けていた。人々がこんなにクリエイティブになって、時間をかけて自身のコスチュームを手作りしているのを見ると、それだけで嬉しくなる。

ボブ・ロスとその作品がハロウィーンで勝利

ボブ・ロスは、PBSテレビの番組の中で、視聴者の前で素晴らしい風景画を完成させ、人気を博した。テレビでのロスはとても穏やかで、何百万人ものファンを得ていた。残念ながら彼は1995年に逝去しているが、ロスの番組は今なお再放送されており、ストリーミングサービスでも視聴できる。

この写真のカップルは、今は亡きロスを称えようと、ロスと彼の作品に扮した。この男性が自身でこの風景画を描いたのか、ロスの作品をコピーしたのかは定かではないが、いずれにせよ、ユニークなハロウィーンのコスチュームと言える。

首なしの馬乗り

ここ30年、アラバマ州アニストンで、首なしの馬乗りが姿を現している。この馬乗りは決してその正体を明かさないが、歴史学者のクレイトン・エインジェルがレポーターに語ったところによると、この30年間で3人がこの役を務めてきたらしい。

また、この首なし馬乗りを乗せて街を練り歩いた馬は、6頭になるという。頭がないにもかかわらず、この首なし馬乗りは、話しかけられると返事をする。また、仮装をしてお菓子をもらって歩く子どもたちに、どこかで自分の頭を見なかったかと聞いているそうだ。

トロフィーワイフと子ども達

この独創的なコスチュームによって、「トロフィーワイフ(夫にとって象徴的な妻)」という言葉の意味がまったく新しいものになった!確かに、移動するには実用的とは言えないかもしれないが、この3人の子どもらは、母親の妙案で、家族コスチューム賞を勝ち取った。

頭からつま先まで金色の塗装を施して、名前の入ったプラットフォームに立つこの女系家族は、本物のトロフィーのようだ。3人の娘たちも母親の案に乗り気で、お揃いのコスチュームに、それぞれがユニークなポーズを取っている。その結果?それこそトロフィーのようなスターぞろいの家族だ。父親はどんなに自分がラッキーかということを再認識したに違いない!

ピザネズミが再びニューヨークを席巻!

あぁ、ピザネズミか!ご存知ない方のために説明すると、ピザネズミは、文字通り、ピザを丸ごと一切れ抱えてニューヨークの地下鉄の階段を走っているところを目撃され、瞬く間に有名になったネズミのことだ。

2015年9月にその映像が公開されたことから、ピザネズミはネット上の人気者となった。しかし、ハロウィーンのコスチュームに、ピザネズミになろうなどと誰が考えつくだろう!自分で思いもつかなかった私たちには、彼女が羨ましい。結局、このコスチュームを作るのは簡単だし、一晩中ピザを食べていられるのだ。Win-Winのコスチューム!

マイクロソフト社のオフィスアシスタントがよみがえる

1998年~2004年の間にマイクロソフト社のワードを使ったことがあれば、おそらくクリピットという、ユーザーがプログラムを使うのを手助けするために作られた、愛嬌のあるクリップのキャラクターを見たことがあるのではなかろうか。クリピットはたいていスクリーンにパッと現れ、「手紙を作成しているようですが、ヘルプが必要ですか?」などと言う。

そして、ほとんどのワードユーザーは、それを少し煩わしく感じ、すぐに「このヒントを表示させない」をクリックしたことだろう。ネタバレ注意-実はクリックした後にも、このヒントはどこかで表示されていた。クリピットは良かれと思って作られた邪魔者だったかもしれないが、この女性のコスチュームは素晴らしい。

スモアが食べたい家族

このコスチュームが好きな理由はいくつかある。まずはじめに、家族全員が一緒に変装できる気の利いたコスチュームだということ(ワゴンまで飾り付けられているところもポイント!)。

二つ目に、このコスチューム全部で20ドル以下におさめているということ。よく見ると、店で買ったコスチュームを着ているのは上の子だけだ。このハーシーズのチョコレートバーからヒントを得て、両親は余っていた段ボールを使ったのだ。一方で、赤ちゃんは真っ白いワンジーを着ているだけだ。少しお腹周りに詰め物をして。

真珠貝(なんてこった)!

臨月でハロウィーンの仮装をするなんて、簡単なことだ。ふっくらしたお腹を使ったクリエイティブなコスチュームは数多く見てきたが、これは最高傑作の一つに挙げられるだろう。

この写真の女性は、赤ちゃんの誕生を待つ最高の方法は、ハロウィーンで「真珠貝」になることだと考え、見事に役になりきった。貝殻の中をよく見ると、「真珠」が彼女自身のお腹であることが分かる。どうやって貝殻を作ったのかも分からないが、本物そっくりだ!

ホーリー・グアカモレ!

私たちは皆ダジャレが好きだが、この女性の独創的なコスチュームは際立っている。このブロガーは、読者に、どのようにして簡単に可愛くてユニークなハロウィーンのコスチュームが作れるかを説明しようとして、この格好をしたのだ。

グアカモレ(アボカドディップ)が好きでなくとも、「なんてこった」という意味合いの「ホーリー・グアカモレ」というフレーズはご存知だろう(注:ホーリーには神聖な、という意味もある)。ちょっとした緑色のワンピースに黒のペン、天使の羽、そして頭の上の天使の輪を店で揃えるだけで、これまでに見たことのない最も独創的な装いに仕上がっている!

誓って、良からぬことなどたくらんでいない

「ハリーポッターと賢者の石」が1997年に出版されて以来、毎年、何千人ものファンがハリーポッターに出てくるキャラクターに扮してきた。しかし、本当に素晴らしいコスチュームに出くわしたときには、その素晴らしさを認めなければならない。

この写真の男性は、3人の子どもらと一緒に何かに変装できる、可愛くてユニークなハロウィーンのコスチュームを探していた。ハリーポッターのファンとして、これは簡単な選択だったと言える。つまり、自身がハグリッドのコスチュームを着れば、子どもらは完璧な魔法使いトリオ、ロンとハリー、ハーマイオニーに変身だ!

フローレンス・アンド・ザ・(ウォッシング)マシーン

フローレンス・アンド・ザ・マシーンのファンであれば、このユニークなコスチュームは間違いなく気に入ることだろう。ご存知ない方のために説明すると、フローレンス・アンド・ザ・マシーンは、ボーカルのフローレンス・ウェルチ、キーボードのイザベラ・サマーズを中心とし、他のアーティストらとコラボしているイギリスのインディーズ・ロックバンドだ。「Dog Days Are Over」というヒット曲は、2010年の映画「食べて、祈って、恋をして」の予告編にも使われ、人気を集めた。

この写真の2人が、コスチュームを示し合せたのかどうかは分からない。が、パーティーで偶然鉢合わせた2人が、それぞれのコスチュームを合わせると面白いことに気づいたのではないかと想像すると、より楽しめる。

ハン・ソロのソロカップ

これは、私たちが選んだ中でもお気に入りの1枚だ。最初にスターウォーズが映画館で上映された1977年以来、毎年、スターウォーズのコスチュームはかなりの人気を博している。総じて、スターウォーズが大衆文化に与えた影響は計り知れないものがあるとはいえ、毎年似たようなスターウォーズのコスチュームを見るのも、少し食傷気味であるのも事実だ。

この写真の女性は、そのことに気づいている上で、大好きな映画に敬意を表すことに決めたようだ。結果は?ハン・ソロとソロカップ(一般的な使い捨てコップ)を合体させた。お見事!

スナップチャットのフィルター機能がリアルに

2015年9月、大人気のアプリに魔法のようなフィルターが搭載された。この新しいフィルターによって、猫の耳をつけたり、目をハートにしたりといった、クールな編集が行えるようになった。もちろん、この写真のように、虹を口から吐き出させることも。虹を口から吐き出してみたくない人などいない。

この新しいフィルターは、世界中の何百万人ものスナップチャットユーザーに使われ、すぐにインターネット上で話題となった。こうした理由から、スナップチャットフィルターを模した、シンプルでありながらも独創的な、楽しいハロウィーンのコスチュームが好まれるのだろう。必要なのは、シンプルな服に、フェイスペイント用の塗料、それから10分ほどの時間だ!

触れないで(Can’t Touch This)

2017年、サボテンや多肉植物がちょっとしたブームになった。流行に敏感なブロガーらのほとんどのインスタグラムに、この耐乾性植物が登場したのだ。そのため、この年のハロウィーンのコスチュームに、サボテンを数点見かけるのも何ら不思議なことではないのだが、こうした衣装に失望することがない!

この女性のコスチュームは、可愛く、ユニークで、なおかつ手間もそこまでかからない。必要なのは、緑色のワンピース、糸、ハサミ、グルーガンだけ。これさえあれば、ひねりのきいたコスチュームを作れるのだ。彼女はこれに加えて、MCハマーのヒット曲から、自身のコスチュームにぴったりの歌詞を付けているのもお見事だ。

傘のコウモリ

ハロウィーンに仮装するのに、楽な方法を選ぶこともできる。つまり、あらかじめ作ってあるコスチュームを買うのだ。さもなければ本気になって、汗水流して独創的なコスチュームを作るのだ。この写真の女性は、後者を選んだ。

ハロウィーンにコウモリの格好をするのは、安易すぎるように思えるだろうか。必要なのは、全身黒の服と可愛い小さな耳。だが、羽はどうしようか。コスチュームを店で買うよりも、この女性は古くなった傘を使って、自分で羽を作ることを閃いた。これは本当に素晴らしいアイデアだ。なんといっても、傘は既に本物のコウモリの羽のようなのだから。

女王デナーリス・ターガリエン

ゲーム・オブ・スローンズは、最も人気の高いテレビ番組の一つだ。そのため、この人気番組の登場人物に扮した人を見ることは、そう驚くことでもない。しかし、この写真の女性のコスチュームをよく見ると、彼女のクリエイティブさに魅せられるだろう。

レディットユーザーでもある彼女は、2016年4月、ホテルの3階のバルコニーから転落した。この転落によって、女性はマヒ状態になり、車椅子での生活を余儀なくされる。彼女は20代前半で、歩くことができなくなった生活に適応せざるを得なかった。しかし、彼女はこの出来事で鬱々としたままでいないばかりか、前向きな姿勢を崩さず、車椅子さえもデナーリス・ターガリエンのコスチュームの一部に取り入れたのだ。いや、普通の車椅子ではなく、王座についている。真の女王だ。

グランピー・キャット、ライバル現る

グランピー・キャットがネット上に登場して以来、瞬く間に、ネット上で知らない人はいないほどの人気となった。この雑種猫は、常に「不機嫌そうな」顔をしていることで知られているのだが、実際に不機嫌なわけではなく、小猫症や受け口によるものだったようだ。

飼い主がレディットでこの猫のスナップチャットを投稿してから一躍有名となり、その後はご存知の通りだ。現在、グランピー・キャットは100万ドル相当の価値があるとされ、ハロウィーンには世界中のあちこちで、この猫の真似をする人がいる。その中でも、この写真の女性の完成度は素晴らしい。メイクもきまっているし、グランピー・キャットの特徴的な表情もとらえている!

1 + 2 = 3

前述の通り、私たちはハリーポッターのコスチュームに取りつかれていると言っても過言ではないのだが、中でもこれは最高だ。この子が可愛らしいハリーポッターであるばかりでなく、飼い犬も使うことで、仮装をさらに上のレベルへと発展させている。

ギリシャ神話では、ケルベロスは黄泉の世界の番犬で、頭が3つあるという。この怪物の横を通り抜けるために、音楽で怪物を眠らせるのだそうだ。これは「ハグリッドがかつて、パブで出会ったギリシャ人の男から、フラッフィーという名の三頭犬を手に入れた」というハリーポッターのシリーズを表している。ハリーポッターのファンであろうと、そうでなかろうと、このコスチュームの独創性が見てお分かりいただけるだろう。この三頭犬はよくできている!

このダジャレのきいたコスチューム、何かお分かりだろうか?

80年代は好きだし、ダジャレも好きだ。従って、このコスチュームもランクイン。このハロウィーンのコスチュームが、80年代のどのバンドを表しているかお分かりだろうか?ヒントを出そう。写真の男性は、かなり甘そうなスイカのコスチュームを着ている。アクセサリー?サングラスと杖だ。

そう、これは他でもない、ロックバンドのブラインド・メロンだ。ヒット曲「No Rain」を出したバンドだ。写真の彼女は、アリス・イン・チェインズだ。ニルヴァーナ、パール・ジャムと共に、グランジムーブメントを担ったオルタナティブバンドだ。

ピーターパンの影

これまでにも様々なピーターパンのコスチュームを見てきたけれど、この写真のようなものは他になかった。ディズニーの映画を思い起こせば、ピーターパンは物語を聞くためにダーリング家を訪れたが、飼い犬が吠えたために、窓から逃げなければならなかった。

そのとき、ピーターの影だけは捕まってしまったのだ。後にウェンディが影を見つけ、騒ぎにならないように引き出しの中にしまう。ピーターパンとティンカーベルは、影を取り戻すために再びダーリング家に戻り、そして冒険が始まったのだ。

ベビーキャロット

このユニークなコスチュームには愛すべき点がたくさんある。まずはじめに、文句なしに可愛い点だ。この眠っている赤ちゃんの愛らしい顔!次に、実用的な点。率直に言って、新生児は居心地のよくないコスチュームを着て街を練り歩きたくはないだろう。

赤ちゃんの仕事は多くはないが、食べること、眠ること、それからうんちをすることだ。そのため、これはコスチュームでありながらも、同時に寝心地が良く、邪魔されることなく眠ることができるブランケットでもあるため、ボーナスポイントが加算される。私たち自身にも欲しいくらいだ。

足りないのは魔法のじゅうたんだけ

まさにハリーポッターやスターウォーズ、ゲーム・オブ・スローンズのように、ハロウィーンにはディズニーのコスチュームも見るだろう。だが、中には他を圧倒するほどのコスチュームがある。

この素敵な家族は、ハロウィーンにアラジンのキャラクターに扮しているのだが、一目で気に入ってしまった。パパはアラジンのコスチュームを着て、ママはジャスミンの衣装でとっても素敵だ。そして赤ちゃんは、サルのコスチュームに身を包み、アブーになっている。なんて可愛いんだろう。彼らに必要なのは、ジーニーと魔法のじゅうたんだけだ。

ユニコーン…フラペチーノは…もう…十分!!!

zombiebarista-78708.jpg

2017年4月、アメリカのスターバックスがフラペチーノの新商品を発表したとき、それは、これまでにどのコーヒー小売業者もがやったことのないような盛り付けだった。ピンクの粉をまぶし、マンゴーシロップと青色の酸っぱい液体がたらされ、その上の生クリームに、甘いピンクと酸っぱい青のパウダーがかけられたそのフラペチーノは、期間限定での販売中、大人気となった。

マーケティングの面からすると、このユニコーンフラペチーノは天才的であったと言える。しかし、スターバックスのバリスタらは、もう十分、といったところだろうか。この独創的なハロウィーンのコスチュームは、ゾンビのようなバリスタがユニコーンフラペチーノまみれになって疲労困憊している様子に扮している。

(猫を多頭飼いする)猫おばさん

あっ、猫おばさんだ。あなたの近所にもいるかもしれない。そしてもしかしたら、あなたこそが猫おばさんなのかも!猫おばさんだからといって、何も悪いわけじゃない。猫は可愛いし、ちょっとばかり変わっていた方が人生は楽しいものなのだから。いずれにせよ、このコスチュームが好きな理由はたくさんある。猫おばさんになるというアイデア自体が独創的だという点以外にも、忠実にそれが再現されているという点だ。

ピンク色のバスローブ、バスローブのあちこちに意図的に引っ付けてあるぬいぐるみ、そして髪にカーラーを巻いたままのこの頭…他に誰がこんなにうまく再現できただろうか。さらに、このコスチュームを完ぺきな仕上がりにしている理由は、これを可愛い少女が着ているという点だ。

これは120点満点

そう、この優れたコスチュームのご紹介も、ストレンジャー・シングスのコスチュームなしには終われない。2016年8月に公開されて以来、ストレンジャー・シングスはカルト的な名作となり、世代を超えて、何度も何度も観られている。

2016年のハロウィーンには、多くのストレンジャー・シングスにちなんだコスチュームが見られた。このテレビドラマのファンらは、イレブンをはじめ、ドラマの登場人物に扮して、自身がいかにハマっているかを伝えた。2017年も、ハロウィーンのわずか4日前にシーズン2が公開されたことから、その熱狂ぶりは変わらなかった。しかし、正直言って、この写真のイレブンよりもよくできたコスチュームを見たことがあるだろうか。この写真のファンには、勇気をもってピンク色のワンピースを着たことに拍手すべきだろう…イレブンがビッグサイズのマイケル・ジョーダンの靴を履いているとはとても思えないけれど!

フレンチ・キス

ダジャレをきかせたハロウィーンのコスチュームは大好きだが、この友人グループはめちゃくちゃ奇抜なハロウィーンのコスチュームを思いついた。もちろん、ハロウィーンにフランス人に扮して、黒と白のボーダーシャツにベレー帽を被り、片手にワインを持つのも一案だろう。友人らを集めて、黒と白のメイクをしてあの有名なロックバンド、KISSになりすますのもいい。もしくは、その2つを組み合わせて、究極的にユニークで、シャレのきいたコスチューム、つまり(この写真の人達のように)…フレンチKISSとするのもいいだろう。

こんにちは、クラリス

これまでに何千回もコスチュームのモチーフになってきたものに、斬新なひねりが加えられているものを見るのは楽しい。1991年に映画「羊たちの沈黙」が公開されて以来、世界中のファンがハロウィーンに凶悪殺人犯のハンニバル・レクターに扮してきた。

多くの人が拘束衣とマスクを身につけて、(いくらか)簡単に変装する中、この男性はそれを超えた。ハンニバル・レクターがクラリスに会ったときに台車で運ばれていた象徴的なシーンを再現しようと、この男性はストレッチャーの上に偽物の胴体を載せたのだ。こうすることで、実際に運ばれているように見える。

首なしの花嫁

私たちがお気に入りのコスチュームを見つける上で、目の錯覚を利用したコスチュームにはA+のポイントをつけている。この写真を見るやいなや、この女性はどうやったのだろう、と思わずにはいられない。

そして、ちょっと調べてみることになる。DIYについて色々と教えてくれるサイト「Instructable」によると、リサイクルショップなどで見つけたウエディングドレスに、ペチコート、使い古しのTシャツ、小さなリュックサック、白い手袋、マスキングテープ、ハサミ、のり、針金、そして大量のガムテープがあれば、これは手作りできるらしい。作り方の詳細は各自で調べていただくこととして、何より、この女性の独創的なコスチュームから、次のハロウィーンのアイデアを得よう。

ウォルター・ホワイトの二面性

前述のように、私たちはありふれたコスチュームに斬新なひねりを加えたものが好きだ。2008年ケーブルテレビAMCでブレイキング・バッドが放送されてから、最高の視聴者数を獲得していた。世界中のファンは、高校教師からメス製造者に変貌したウォルター・ホワイトが、次にはどんな突拍子もない状況に陥るのか、次のエピソードを見るのが待ちどおしかった。

数多くの熱心なファンがいることから、ハロウィーンで多くのウォルター・ホワイトが見られたのも不思議なことではない。ただ、この写真のファンはそれをさらにレベルアップさせ、2つの顔を持つウォルター・ホワイトを同時に再現してみせたのだ。

浮かぶはず…

1986年、スティーヴン・キングが自身の代表作ともなる「イット」を発表して以来、その薄気味悪いストーリー展開の虜となったファンは、毎年ハロウィーンになると、不気味なピエロに変装する。しかし、その小説が映画化され、2017年9月に公開されると、再び「イット」は脚光を浴びた。

その結果、同年のハロウィーンには、原作に出てくる恐ろしいピエロ「ペニーワイズ」に扮する人が多く見られた。街には多くの不気味なピエロであふれかえってはいても、ペニーワイズ(一銭でも惜しむ人という意味もある)を再現した人はいなかった。この写真の人達は「イット」への愛を独創的な方法で表している。1人がジョージ―に扮し、もう1人は排水溝に落としてしまうおもちゃのボートに変装している。

段ボールの可愛いコスチューム

最も独創的なコスチュームは、機知に富む人達の手によって生み出される。このカップルがいい例だ。ハロウィーンにパックマン夫妻に扮している。店であらかじめ作られた衣装を買うよりも、身近にあるものを利用して、自分達のコスチュームを作った。そしてその結果…

素晴らしい出来栄え!段ボールを慎重にくり抜いてパックマンの体を作り、全体を黄色く塗った上、黒と赤で顔を作っている。このコスチュームはセンスが光るばかりでなく、カップルのコスチュームとして、陳腐ではないところもいい!

イギリス王室の赤ちゃん

これはまた、今年目にしたコスチュームの中でも、簡単でありながらもユニークなものだ。誰がイギリス王室の赤ちゃんに扮するなんてアイデアを思い付いただろう。私たちがこのコスチュームを気に入った理由はたくさんある。1つには、費用をかけずに、しかも簡単に作れるという点だ。

男性がこのコスチュームを作るのに必要だったのは、クローゼットにある自分の服と、おんぶ紐、それからウィリアム王子の写真をくっつけることだっただろう。そしておそらく20ドルもかかってはいまい。さらにこのコスチュームが最高なのは、片手にビールを持って写真に写っているところだ!

似た者同士

ここ何年も、トイストーリーのコスチュームをたくさん見てきた。ハロウィーンには、ウッディやバズ・ライトイヤーに変身する人が多くいる。そして、それは当然のことだ。なにせ、ウッディとバズ・ライトイヤーは、アニメの中でも最も人気のあるコンビなのだから。

しかし、このユニークなコスチュームを考え付いた、写真の2人の女性に拍手を送りたい。2人の友情を表すのに、トイストーリーからありきたりのコスチュームを選ぶよりも、スリンキー・ドッグに扮することにした。そして、このコスチュームは、段ボール箱にペンキ、そして少しばかりの時間で作ったものだろう。

これで「裏側の世界」に入れるかも

ここで、ストレンジャー・シングスのコスチュームが、1回だけの登場で終わるとは思わなかっただろう。すでに何度も述べたように、私たちは、人気のコスチュームに斬新な切り口を加えたものが好きだ。そしてこの写真のコンビは一風変わったやり方で、Netflix版ストレンジャー・シングスに敬意を表している。

ストレンジャー・シングスの中で、ジョイス・バイヤーズは、息子のウィルが失踪した後、必死に捜索する。ジョイスは自宅の壁を介してウィルと通信できると信じて、アルファベットの上に無数のライトを紐でつるし、ウィルからのメッセージを読み取ろうとする。このコンビ、1人がジョイスに扮し、もう1人が他のキャラクターに扮する代わりに、壁に変装しているところが面白い。壁紙っぽいTシャツを着ているところもポイントだ!

リアルなシムズ

90年代に育った人なら、親のパソコンを使って、「ザ・シムズ」ゲームを何時間もしたことがあるのではなかろうか。シムズとは、ユーザーがキャラクターや夢の家を作り、課金すれば土地を拡大することもできる、そのキャラクターを使って、多数の楽しいアクティビティに参加することができる。シムズはまるで私たちのように、生活のために食事したり、寝たり、働いたりするのだ。

つまり、シムズでは、清潔感を保つためにシャワーを浴びたりもしなければならない。シムズは子どものゲームであるため、シャワーの時にもヌードを見せず、シャワーを出たらすぐにペールオレンジ色のモザイクがかかる。ゲームからアイデアを得て、この写真の3人は、スポンジなどを用意して、シャワーを浴びるシムズに扮している。

ベーコン、ケヴィン・ベーコン

この愉快なコスチュームは、シンプルなのに天才的だ!ベーコンのコスチュームは、誰でも店で購入できるが、この女性は簡単に作れて、さらに他の人とは異なるものにしたかったようだ。解決法?彼女はコスチュームに名前シールを張り、ケヴィンと書いた。すると、どうだろう!

瞬く間に、彼女はケヴィン・ベーコンになったではないか!もちろん、フットルースの格好をしたケヴィン・ベーコンに扮することもできたろうが、美味しい肉のケヴィン・ベーコンもいいだろう。正直、このコスチュームのアイデアをどうして初めに思いつかなかったんだろう。まぁ、次の年のハロウィーンにでも。

鳥!

映画ファンなら、アルフレッド・ヒッチコック監督の「鳥」からアイデアを得た、このコスチュームが気に入ることだろう。1963年の白黒映画をご覧になっていない方に、簡単にご説明しよう。カリフォルニア州ボデガ・ベイの住民を、突然、攻撃的な鳥が襲撃してくるというというサスペンスのストーリーだ。

写真の女性は、映画の中で、鳥に襲撃されているティッピ・ヘドレンに扮している。このコスチュームはユニークであるばかりでなく、作るのもとっても簡単だ。必要なのは、着古したワンピースと、金髪のかつらを60年代のヘアスタイルにすること、そして百円ショップなどで簡単に手に入る偽物の鳥だ。

エラー404: コスチュームが見つかりませんでした

インターネット上で、このコスチュームを数回見たが、少し評価すべきだろう。明らかに、この男性は、凝ったハロウィーンのコスチュームを作る時間も労力もなかったのだろう。しかし、少なくとも、彼は何もせずにパーティーに参加したわけではなかった。現代社会がテクノロジー主導であることを考えても、このコスチュームはぴったりだ。

しかも、このコスチュームに必要なのは、真っ白いTシャツとマーカーだけ。そうすれば、ほら、ハロウィーンのパーティーに行く準備はばっちりだ。確かに手抜きだと指摘する人もいるだろうが、効率的なコスチュームでもある。

ちょっと今日は風が強いようだ

めくれあがる傘と、膝に張り付いたしわくちゃな新聞を見ると、この男性は実際に外にいたのだろうと信じてしまう。だが、この男性に惑わされてはならない。これは彼のコスチュームなのだ。

このコスチュームは、私たちが見つけた素晴らしい他のコスチューム同様、多くの手間を要さずとも、これだけの素晴らしいものが出来上がるのだ。必要なのは、いつも通りの服、ジーンズにしわくちゃの新聞を貼り付け、髪型を乱し、傘を用意すれば、この風に煽られた装いの出来上がり。

芸術品

芸術ファンは、このハロウィーンの装いに夢中になるだろう。この男性は、限られた時間と絵画スキルを活かし、フィンセント・ファン・ゴッホの有名な自画像「星月夜」に扮した。さらにいいことには、男性は驚くほどファン・ゴッホに似ているのだ。髪を後ろになでつけて、ひげを赤く染めるだけで、1800年代の画家に見える。芸術ファンでなくても、このコスチュームは楽しめる。

ジョン・スノー・ホワイト

ゲーム・オブ・スローンズは、テレビドラマの中でもかなりの人気を誇っている。そのため、ここ数年のハロウィーンでは、ゲーム・オブ・スローンズの登場人物や、ドラゴンのコスチュームが見られるのも、何ら不思議ではない。中でもジョン・スノーは人気コスチュームだ。

よくできたジョン・スノーのコスチュームを見てきたが、この男性はさらに次のレベルに押し上げた。ジョン・スノーの特徴的な髪型とヒゲをたくわえているものの、マントの下には白雪姫(スノー・ホワイト)のドレスを着ている。さて皆さん、ジョン・スノー・ホワイトをご紹介しよう。

シリアル・キラーでは、ない

これまでにも、ハロウィーンの時に「連続殺人犯(シリアル・キラー)」をモチーフにする人は多かった。もちろん、楽しいアイデアだが、このシリアルコスチュームにはかなわない。ハロウィーンパーティーやトリックオアトリートで、シリアルの入った器に扮する人を今まで見たことがあるだろうか。

このコスチュームは、とっても可愛い上に、工夫が凝らされている。おそらく、シリアルは張りぼてに使う紙で巧妙に作られているのだろう。いずれにせよ、このコスチュームは私たちのお気に入りの一つだ。

ハロウィーンのために、自身を半分に切断

Illusion-Halloween-Costume-37639.jpg

これまでにも、電気機器などのテクノロジーを使って工夫をこらしたハロウィーンコスチュームを見てきたが、独創的なアイデアから生まれたコスチュームも多数あった。中でも、この男性のコスチュームは、これまでにない素晴らしい錯覚を起こさせるものだ。目の錯覚を利用した手品について知識があれば、

実は、このコスチュームは簡単な錯覚を利用しているものだということが分かるだろう。いずれにせよ、この男性はハロウィーンという特別な日に、多くの人々をぎょっとさせたことだろう。このコスチュームの一番いいところ?それは、はさみとズボン、ボタンダウンのシャツさえあれば、この男性のように錯覚を利用したコスチュームを作れるということだ。申し訳ないが、肝心の作り方については、各自で調査していただきたい。