写真家たちとアフリカ動物の奇跡の瞬間

野生動物をとる写真家は、最もやりがいのある仕事のうちの一つでしょう。世界中の素晴らしい動物たちを写真に撮りながら、自然を満喫し、生計を立てられるのですから。動物の中には、写真の前でポージングをとるほど写真を撮られるのが好きなものもいれば、中には、恥ずかしがり屋で隠れたがりのものもいます。しかし、そんな中でも写真に撮られることに全く興味がない動物たちが一番いいのです。なぜなら、写真家の邪魔をする動物たちは、私たちにとって、傑作とも言える写真を残してしまうからです!

何やってるの?

INature/Facebook
INature/Facebook

このチーターがやってくるまでは、この写真家にとって物事は、すべてうまく行っていました。しかし、現在はカメラを覗いた状態で動けなくなっています。急な動きによって、おとなしい子猫が、野生の大型猫に変貌するかもしれないからです。今は大丈夫ですが、とにかく動かないで・・

このチーターが、本当にただこのカメラを見たがっているだけということも当然あります。猫は、好奇心旺盛な生き物です。つまりはこの猫も、ただこの変な人間が何をしているのか見たかっただけかもしれません。彼は、何を見てるのかな?おいしそうなスナックかな?ただ一つだけ、確かなことがあります。それは、猫の好奇心は、終わりがないということです。

二人のためのカメラ

INature/Facebook
INature/Facebook

このキツネは、写真家が写真を確認しているのを見ています。このキツネは、自分が写真の被写体であることは確信していますが、この写真家が自分のベストアングルで写真を撮っているかどうかを、確認したいのです。

僕が、一番輝いているのは、右からのアングルで、左じゃないの!今までにキツネの写真を撮ろうとしたことはあるの?私達は特に、気難しい生き物なの。たとえあなたが今までずっと撮らさせてもらっていたとしてもね。この先ずっとそうかなんて、なんの保証もないわよ。お菓子でもくれたら考えてあげてもいいけど・・でももし、出来上がりに満足しなかったら、カメラを奪って逃げていくわよ。

その写真は撮らないで!

INature/Facebook
INature/Facebook

とてもユーモアある自然の状態を撮る写真家の話です。彼が、浜辺でアザラシの写真を撮ろうとしていた時、一匹のアザラシが彼の後ろから忍び寄ってきました。ほら、彼はアザラシと固い地面に挟まれてしまってます。彼はどうするべきでしょうか。

何も思いつかないので、今の彼に唯一できることがあるとすれば、今のアザラシがもたらした状況を笑ってしまうことだけです。ありがたいことに、この写真家には、この状況を記録してくれる友達がいたことですね。ホテルに戻って、他の船員たちに会ったとに、きっとこの写真家は誰からも羨ましがられるだろう。

超かわいい邪魔者

INature/Facebook
INature/Facebook

見てください!この可愛いチーターの赤ちゃん。こんな風に写真を撮るのを邪魔されて、あなたは怒れますか?きっとカメラを置いて、一緒に遊んでしまいますよね。こんな可愛いチーター、誰が拒めますか!?

きっとお母さんチーターが出てこない限り、安全ですから。もし、お母さんチーターが茂みから出てきたら、まず写真家の振りをして、動かないことですね。こんなかわいい動物から離れる事ができないのは、誰のせいでもありません!特に、このふわふわしたちっこいモンスターには!

それって食べ物?

冬に食べ物を捕獲するのはとても大変なことです。このキツネ、このカメラが食べ物であることを心から願っています。ごめんよ、キツネさん。これは写真を撮るだけに使うんだよ。君の鼻の写真を緊張するほど近くで撮ってあげようか?みんな楽しくなりそうだね。

運が良いことに、この写真家はいい写真を撮る方法を見つけるでしょうね。とても寒そうだし、彼は、多分外にもあまり長く外には、いたくないだろうしね。私だったら、嫌ですね。笑えないかもしれません。このキツネは可愛いけど、本当は迷惑なんだよね。

いい写真だね!おじさん!

INature/Facebook
INature/Facebook

時には、私達だって遊びたくなりますよね。このトラの赤ちゃん、きっと他の猫と遊ぶのに飽きて、そんな時に人間を見つけて遊びたくなったんですね。この男の人が、準備ができていたかどうかは別として、、。見てください!このままだと、おじさんの写真もダメになるし、新しい眼鏡も買わないといけませんね。そして、ちゃんと注意しないと、おじさんが傷を縫わないといけない状況にもなってしまうからね。この小さなトラの赤ちゃんは、この写真家に全く仕事をさせてませんが、私達は全然気になりません!だって、こんな写真が見れることなんんて滅多にありませんから。

どうだ!こうやってタックルするんだよ!

INature/Facebook
INature/Facebook

この可哀そうな写真家は、自然に囲まれた場所で、素晴らしい写真が2、3枚撮れることを期待してました。しかし、このイヌワシ、写真家がやろうとしていることを見て、気に入らず邪魔することに決めました。NFLのラインバッカーズの諸君、ちゃんとメモを取りなさいよ!これが、タックルのお手本だからね!この男の人もすぐに理解できました。この男の人は、もう二度とこんなひどい目に合うことがないように、こんなに自然の多い場所には行かないでしょうね。特に、この場にいて、助けるどころか、襲われている写真を面白がってとるような友達とはもう行かないでしょうね。

ちょっと、やめてもらっていいですか・

INature/Facebook
INature/Facebook

このちょっと怯えている写真家、きっとこれ以上悲惨なことになることは無いと願っていると思わせるような写真です。彼は、ただ普通に写真を撮ろうとしていて、ふと左を見たらクマがいました。そして更に右を見ると、なんてことでしょう。そこには、クマがもう一匹いました。その一方で、クマ達は彼を見て、非常に良い午後のスナックにありつけたと思ったのでしょう。これからの冬ごもりにむけて、こんなに脂肪をつけるのにぴったりな、おいしそうな人間のお肉以上のものはないのですから。しかし、もう少し楽観的に言えば、このクマたちは、とてもフレンドリーそうなので、きっとじっとしていれば大丈夫でしょう。

もうちょっと上よ!

INature/Facebook
INature/Facebook

すごく自慢げな鳥です!このリストの中の他の動物と違って、すごく写真を撮ってもらいたがっています。そして、この写真家は、まずその鳥を見つけないといけません。レンズを見ずに写真を撮って、ちゃんとフレーム内に入ってるのかな?今にもこの鳥が、もう少し上よ!ああ、もうちょっと下よ。あ、もっと右あっ、もう、左に戻って。1cmだけ上よ。そこよ!一応2、3枚撮っといてよね。とでも言ってそうです。この写真家がカメラのフィルムをこの青い鳥に使えば使うほど、きっと彼の腕も上がるでしょう。

もしもし、聞こえますか?

INature/Facebook
INature/Facebook

この写真は、ラッキーな写真家とそのもう一人の写真家のケースです。写真家達が他の誰かと行動をしていないと、面白く笑える写真家自体の写真は撮れません。このシカが、何を期待してカメラのレンズを覗き込んでいるのかは、わかりませんが、そんなことはどうでも良いことです。重要なのは、この男の人は今は、笑っているかもしれませんが、シカがレンズにひびをいれたら、笑えないでしょうね。新しいレンズがどれぐらいするか考えたことはありますか?決して安くはありませんよ。

見~つけた!

INature/Facebook
INature/Facebook

また別の日、写真を撮っていると、違うキツネが走って寄って来ました。一番きついのは、この写真家は、この状態で何もできないことです。彼、もしくは彼女は、この簡易づくりのイグルーの中で、寒さをしのいで外を見ています。このキツネは、カメラを見つけて、イグルーの前に留まることに決めました。いえ、この愛すべきキツネは、無邪気にとどまり、何がどうなっているのかわかるまで、ここに留まるつもりですよ。これは、両者とも長い根競べになりそうですね。

リスが!

INature/Facebook
INature/Facebook

皆さんもきっとわかったでしょう。カバンの中にナッツが入っているって。だってそうじゃなければ、リスがこんなにフレンドリーなとこ見たことないもの。大抵のリスは、臆病でスナックを急いでとるためにどう近づこうか見ている者が多くて、そして取ったら、ものすごい速さで逃げていくからね。しかし、このリスは写真家が写真を撮ってる間に、カバンにくっついているからね。それはそうと、この人は何を写真に撮ってるの?お花?リスが、カバンの上に乗ってるのだから、そこにカメラを向けたほうが良いですよ!この人が、頭の上の鳥の写真を撮るときに私たちが学んだことがあるとすれば、それは、”成せば成る”という事です。

見て!こっち!

INature/Facebook
INature/Facebook

時には、完璧な写真を撮るときは、友達のちょっとした助けが必要になることがあります。このカメラマンは、ミーアキャットの家族を見つけて、これが完璧な写真を撮る絶好のチャンスだとわかっていました。問題は、このミーアキャットが後ろを向いたり、ポーズを撮ったりするのを一切拒んでいたことです。有難いことに、もう一匹のミーアキャットが彼の背中に乗って、問題解決してくれました。それで、彼の友達が、手を振ったおかげで、家族も何が起きているか理解しました。この完璧に撮れた写真を次のホリデーカードに使うかどうかは、彼ら次第ですけどね。

違う色のキツネ

INature/Facebook
INature/Facebook

どういうことなの、キツネは写真家を見ると、何かしなければいけないような感じですよね。このキツネ、何か新しいことをするようです。写真家と顔を突き合わせるのではなく、後ろから忍び寄り、何かいたずらしようとしています。この可哀そうな写真家は、キツネが来るのを全く見ていませんが、彼女はどう反応するのでしょうか?誰がこの状況を見ていて、写真を撮ったのかわかりませんが、この人が後で彼女を助けたことを祈ります。友達だったら、普通そうしますけどね。

キスは一回だけ、それであなたは私のプリンスよ。

INature/Facebook
INature/Facebook

まず初めに、写真家の気を引いている、このかわいい動物が何なのか全くわかりません。イタチの赤ちゃんだと思うんですけど、確かかどうかは保証できません。まあ、それが何にしろ、写真家にエスキモーキスをしています。まだこの写真家に鼻がついていると良いですけど。もし、この小さな男の子がラッキーなら、この写真のプリンセスのキスでこの子がプリンスに変わるんだけど。だって、おとぎ話では、そうなるでしょう。真の愛のキスで呪いが解けて、この動物が本来の姿に戻るんだから。

写真家はどこ行ったんだ?

INature/Facebook
INature/Facebook

あら、まあ、このライオン!このカメラを持っていた人は、どうしちゃったんだろう?大丈夫なの?ものすごく自慢げに早歩きしているライオンが、戦利品を口に加えています。一体何を撮るんでしょうね?多分このライオンが自分のちびライオンの成長を写真にして、ファミリーアルバムを始める最初のライオンになるんじゃない。感動で涙が出そうですよ。

故障れてんじゃない、このカメラ!

INature/Facebook
INature/Facebook

前回のスライドに、おそらく、どうやってこのライオンがカメラを取ったかが映っています。同じライオンで同じカメラかは、証明はできませんが、多分そうでしょう。この狂暴な猫は、明らかに私たちに写真の撮り方を教えています。これは、人間はやりすぎたので、次は、私たちの番だ!と言ってます。これが、1984年に始まったの?さあ、これで、そのライオンは写真の撮り方を覚えました。他の動物たちもゆっくりと他のことも覚えていくでしょう。私たちが知る前に、私達は草の中に住み始め、毛深いやつらが建物の室内に住んでいるでしょうね。

動物の時代はまだ続く

INature/Facebook
INature/Facebook

まず、初めがライオン、そしてキツネでした。それとも、このキツネがすべての黙示録の始まりだったの?これまでに野生動物専門の写真家たちの邪魔をしてきた多くのキツネを見てきました。これが彼らの隠していた真意のようです。ずるがしこいキツネだ。次は何?ネズミが写真の撮り方を覚えるの?それとも蛇?可能性は尽きないけど、私達は、びくびくするだけなの。大丈夫。私たちもそんなに怖がってないわ。この破滅のシナリオのすべてが、馬鹿げていて誰も真面目に捉えないわ。狩猟生活に戻りなさい、キツネども!

頭の上に何かいるよ!

INature/Facebook
INature/Facebook

この女性は、完璧な写真を撮ることに集中していて、誰が邪魔しようとも、何が邪魔しようとも関係ないようです。大きな白い狼が甘い言葉をささやこうが、何も彼女の耳には届かないようです。この状況なら、私は、走り続けられる限り、できるだけ遠くに逃げますね。この写真家の勇敢さは称賛に値します。それとも頑固なのかも。これは、人生で一度きりの写真です。彼女は何も失うものはないのですから。

ちょっとまって!良いよ!

INature/Facebook
INature/Facebook

動物達の乗っ取りシナリオは、ばかげていますが、私達が最も恐れていることが起きてしまいました。まず、キツネがライオンにカメラの使い方を教えて、次にライオンがネズミに教えました。最初にカメラの撮り方を教えて、その後に角度などを教えます。

近所の獣医師に電話して、何が起こっているのか知らせないと!子供たちの未来が危ないわ!このまま侵略されたら、あなたの子供たちの子供たちの未来がかかっているわ!

ごめんなさい、あなた私の背中に乗ってるわよ

animals photographer
FFacebook
FFacebook

写真家でいることは大変なことです。単に創造的で技術的であるだけでなく、いつも完璧なショットをとるために周りに注意していないとダメなの。だから、あなたのまわりに色々邪魔する者があると大変なの。特に、そういう邪魔者が可愛い動物だったら、もうだめ。そういう可愛い邪魔者は、写真を撮られるのが嫌で、またそれを写真家に知られるのも気にしていません。どこかに逃げるより、彼女の方に向かってくるの。たぶん、創造的なアイデアを示そうとしているだけなのかもしれないけど。

もうちょっと左によって、それで、右に

Imgur
Imgur

この小さなキツネは、キャノンのカメラレンズ越しに立っていて、まるでプロのようだわ。彼が直立に立って、カメラの三脚に寄りかかってる姿を見て!彼の手の置き場も完璧で、ビューファインダーを通して、彼の被写体に指示を送っているように見えるわ。多分そうでしょう。とりわけ、動物界では、キツネは一番頭のいい動物なんですし。

何か仕掛けがあるの?

Imgur
Imgur

少し休憩をとって帰ってきて、この状態を見たら、野生動物の写真を撮る気になりますか?この写真家が、この完璧な状態を、もうひとつのハンディーカメラで撮ることができて、よかったです。このクマが、興味津々でカメラの前に立っている様子は、なんだか写真を撮る準備ができているようですね。この写真はすごく良いですが、もし、クマが自分の高価な持ち物の周りにいたら、やっぱりちょっと怖いですよね。

あなたのカメラはもう私のものよ

tiger with camera
Pinterest
Pinterest

ライオンにカメラを取られたら、もうそれは、あなたのものじゃないです。それは、もう彼らのもので、諦めるしかありません。立ち直って、お金をためて、新しいものを買うしかありません。そのカメラの周りの歯を見たことある?絶対に近づかないほうが良いわよ。特に、もう一つ確かなことは、この生き物は、写真を撮られたくないの。だから、それを写真家に教えているの。この写真家があまりこのカメラのことを惜しまないと良いけど。

ちょ、ちょと、待って!

Pinterest
Pinterest

野生動物を撮る写真家は、常に周りに注意を払わなければいけません。繰り返します。いつもです。いつあなたの被写体が、写真を撮られるのを拒んで、その代わりにあなたに危害を与えるか、予想もつきません。

この状態に限って言えば、この写真家は経験豊富なプロでしょう。でも、彼の顔を見れば、どういう状況にあるかすべてわかります。ラッキーなことに、彼は、こんなクールでクレイジーな写真を見返すことができますからね。きっといつものことなんですよね?

おい、みんな、ちょっとこれ見てよ!

Pinterest
Pinterest

このカワウソは、自分の家の近くで写真家が野生動物の写真を撮っているのを見て、ビューファインダー越しに盗み見してます。その見ている顔からすると、自分の見ているものが信じられないようですね。彼のその驚きの顔は、本当に素晴らしい。この写真が、その日、撮った中で一番素晴らしいとは言いたくありませんが、確実に記憶に残るものとなるでしょう。

このキツネが今日のクリエイティブディイレクターです

Pinterest
Pinterest

このキツネは、いつもたくさんいる野生動物の写真家の被写体になるのに、もううんざりしています。彼は、自分は美しく、琥珀色の毛皮やピンとした耳よりも、もっと意味のある存在だということを教えたいのです。彼は利口で創造性があり、すごく頭が切れます。人間が写真家になれるのであれは、彼だってなれます。

明らかに、この写真家は、このキツネの要求を受け入れ、カメラの後ろに、彼の手を置くことを許しました。その様子をみると、このキツネは、自分が何をしているかわかっているようです。

よし、ちゃんと取れてる

Pinterest
Pinterest

どこでも、みんな野生動物の写真家の被写体になるのには、うんざりしています。この小さなおさるさんは、一度で良いから写真家になってみたかったようです。彼の顔の表情を見ると、自分の仕事にすごく満足しているようです。確かに、彼は、完璧主義者なのですが、おそらく彼は、フィルムのどこかに完璧なショットを見つけたのでしょう。すぐに彼は、このジャングルで、一番のクリエイティブディレクターになるでしょう。

あなた、ちょっと、どいて、私が教えてあげるわ

Pinterest
Pinterest

見て、このサルの赤ちゃん。このサルが、いくら頑張っても、おサルさんにカメラを持たさないと言ってちょうだい!っていうか、めっちゃかわいい・・。おサルさん、この大きなカメラと同じサイズじゃない?

このサルを見る限り、かなり自信をもってカメラ持ってるわよね。このおさるさんも、いつも写真を撮られるのにうんざりしていて、その代わりに今回ぐらいは、写真を撮る側になりたいみたいね。自分の夢に向かって、ゴーおさるさん!

写真は、厳禁よ!

Pinterest
Pinterest

昨今のパパラッチは、容赦がない。有名人がいるところ、パパラッチあり。有名人の行くところすべて写真に撮られるわ。人を怒らせるには十分よ。もちろん、このリスは、有名人ではないけど、彼も頻繁に自分の意思に反して写真を撮られてるの。でも、今日は違うわ!リスも自分のテリトリーを侵されて、野生動物写真家にはうんざりしているの。でも、それも終わりよ!でも、不幸なことに、もっといい写真を撮らせてしまったリスさん。

撮れなくていいです!

bear-running
Pinterest
Pinterest

この写真は、写真家のグループが走っているところです。これは、完璧な写真を撮るために行き過ぎた結果起こった、完璧な例です。動物も写真を撮らせないために、ここまで追い込まれた状態です。この写真家のグループがどれぐらい危険な状況にいるかよくわかりませんが、憤慨してものすごい勢いで追いかけてくるクマから逃げるという、全員一致の判断に対して後悔はしないと思うわ。

ゆっくり、でも危険かも

sloth-photo
Pinterest
Pinterest

この可愛いけど、いらいらしているミツユビナマケモノは、写真にかなり自分の意見を表現しているわね。彼は何もしていないけど、もし写真を撮ろうとしたら、あなたのカメラを食べてしまうかもしれないわね。ナマケモノは、通常おとなしくて、文字通り地球上で一番動きの遅い哺乳類ですが、この男の人をできるだけ早く離した方がいいわね。彼はかなり本気よ。非難を受ける側にはなりたくないものね。

や、や、やったー!

hippo-angry
JORGE GUERRERO/AFP/Getty Images
JORGE GUERRERO/AFP/Getty Images

それか、”やったー”の反対の言葉でもいいか。信用して!カバが機嫌が悪いときは、関わらないほうがいいわ。特に、この写真は、母親カバが、カバの赤ちゃんに噛まれていてるところを撮っているわ。ひどい話ね。そう考えれば、母親カバは、写真なんかに写る気分ではないのも理解できるわ。しかも、彼女、口いっぱいに食べ物加えているしね。こんな状態のときに誰が写真なんか撮られたいの?

シロクマ写真館

polar-bear
Arterra/UIG via Getty Images
Arterra/UIG via Getty Images

カメラから隠れているこのシロクマかわいいですよね?それとも船の丸窓の中にカメラがあると思っているのかな?それか完璧な自撮りを撮るために下手な演技をしているのかな?シロクマが好奇心旺盛な生き物だと私たちも知っていますが、この写真は、ちょっといきすぎでしょ。この写真を撮った写真家は、今週は自慢してもいいですね。こういう写真は毎日撮れるものじゃないですから、北極の荒野でさえも。

カメラ二個は、多すぎでしょ

baby-tiger
Kevin Frayer/Getty Images
Kevin Frayer/Getty Images

この写真は、中国北部の黒竜江省のシベリアンタイガーパークで撮られたものです。そのかわいい赤ちゃんは、シベリアンタイガーで、世界でも絶滅保護種の一つに指定されています。だから、この赤ちゃんタイガーは、笑顔もしたくなければ、ポーズも取りたくないんですね。動物園によると、毎年100頭ほどの赤ちゃんが生まれていて、80%ほどの生存率があるそうです。素晴らしいニュースですね。

古典的

kangaroo-punch
Pinterest
Pinterest

この写真は、完全にクラッシクなものですね。カンガルーは、神経質な動物だと知られているので、カンガルーの機嫌を損ねるようなことをする人は、後で大変な目に会います。この写真家もカンガルーから、かなり多くを学ぶことができましたよね。彼のカメラは可愛いけど危険な有袋目の哺乳類の強靭なパンチで空中に吹っ飛んでいきましたね。この動物と写真家の写真を撮った人は、本当にクラッシクなショットを撮りましたね。

人なんていらないわ

chipmunk-photography
Facebook
Facebook

この可愛いシマリスたちは、素晴らしい写真家になりましたね。実際の所、そういった良い写真家は、写真を撮るのに人間の力はいりません。見て、右のシマリスは、多くのセッティングを切り替えることができて、左のシマリスは、モデルとして、いろんなポーズを撮ることができます。このシマリスたちが、アートワークの本やカレンダーなども出版できることを祈ってます。サインの入ったコピーを最初に並んで買います。

走って、走って、走って、できるだけ早く

elephant-running
Facebook
Facebook

象が早く動けることを知ってましたか?象は大きくて、動きが遅そうですが、必要に迫られれば、かなり速く走ることができます。正確には、短距離ではありますが、時速15.5マイル(時速25キロ)で走れます。特に、この象は、写真を撮ろうとしている写真家から逃げようと走っています。すこしピンボケしていますが、素晴らしいショットですね。

動物にもパパラッチ

swan-photo
Pinterest
Pinterest

自然を撮る写真家がどうやって一生に一度しか撮れないような素晴らしい写真を撮っているか不思議に思ったことはありませんか?それは、彼らがものすごい時間を費やしているからです。この献身的な写真はそのいい例ですね。彼が、単に水の中に沈んでいるだけでなく、すごく不格好な白鳥の変装もしてますよね。この日彼が撮った写真を見てみたいですが、特に、混乱した白鳥が、彼のことを2001年にアカデミー賞をとったビョークだと思って、羽根づくろいをしたくなるでしょうね。

このダンスを見たら、すぐに逃げなさい!

skunk-handstand
YouTube
YouTube

これは、かなりおかしなポーズを撮ったスカンクの写真で、野生動物のモニタリングカメラでとらえられたものです。でも、彼は、ジョークでなんてしてませんよ!もし、スカンクが、この”ダンス”をしている所に出くわしてしまったら、とにかく、できるだけ早く逃げなさい!

そうしないと、屁をかけられますよ!スカンクは、危険を感じたときに、すごい悪臭の液体を放出します。スカンクのおならの被害者にはなりたくないはずです。幸運にも、彼らは、周りを悪臭でいっぱいにする前に、まず警告を発します(それがこの逆立ちです。)。